fcb.portal.reset.password

ビラノバを胸に、バジャドリードでの選手らFOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

今回のバジャドリード-バルサ戦に大きな穴をあけたのは、ティト・ビラノバの存在だった。とはいえ、ビラノバの存在感はホセ・ソリージャで忘れられることはなかった。試合前に両チームは、ビラノバを励ますためのTシャツを着て、ピッチに現れたバルサの選手達のTシャツには、ティトの写真と共に "Ánimo"(元気出して)のことばが踊った。

一方、バジャドリードは、"Ánimo Tito"(元気出して、ディト)と書かれていたTシャツを着て現れた。

また、スタンドには、早く回復するようにと願うポスターなどが、目についた。ビラノバは、退院したばかりだが、こういったイニシアティブが1部の他のスタジアムでも見られ、励ましのメッセージのTシャツを身に着けたのは、ソリージャスタジアムだけではなかった。

バルサBからも「がんばれ」の声

バルサBの選手達も、ジローナを前にした試合前に、ビラノバのことを思い出し、ミニエスタティに「がんばれ、ティト」のメッセージが入ったTシャツを着て現れた。


上に戻る