fcb.portal.reset.password

Piqué, en una jugada del partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今週の火曜日、パリでチャビ・エルナンデスがPKゴールを決めて主役となった試合は、チャビが欧州大会で150試合目を迎えた試合だった。

-チャビのPKゴールは、バルサのユニフォームを着て決めた初めてのPKだった。欧州大会で、チャビが決めたゴール数は12。

-パリで、チャビは欧州大会出場、150試合目を果たした。 ランキングの1位までには5人の選手が手前に控えている(ギグス151試合、ラウル158試合、サネッティ160試合、シードルフ161試合、マルディーニ168試合)。

-負傷で途中交代したものの、レオ・メッシはPSGを相手にチャンピオンズリーグで今季、8ゴール目をマークした。クリスチャン・ロナウド (レアル・マドリード.) とブラック・イルマス(ガラタサライ)の記録と並んだ。

-メッシは欧州大会60ゴール目をマークした。 その結果、キャリアを通して59ゴールをマークしていたラーションとアンリの記録を抜いた。


-PSGサイドは、 マトゥイディがイエローカードを受けたために、カンプノウを累積欠場することになった。 また、マスチェラーノもイエローカードを受けて、累積欠場が確定したが、負傷したため、どちらにしても次戦は欠場する。

-バルサはこの試合で696回パスを繰り出したが、そのうち、620回のパスを通した。PSGがパスを通した数は、281回だった。

-ティト・ビラノバの率いるチームは、最終的に 64,23%のポゼッションで終わった。 一方、カルラス・アンチェロッティのチームは、35,77%で終えた。

-バルサの選手で最もボールを取り返した数が多かったのは、ジェラルド・ピケの11回だった。二番目はセルヒオ・ブスケッツで8回取り戻した。

-チャビは、バルサの中で最も多くのチームメートと絡んだ。アウベスとイニエスタは、両者とも17回に渡って、チャビを探した。

-バルサは、全部で15回シュートし、ゴールを捉えたのは8回だった。 PSG はバルデスのゴールに7回、迫った。

上に戻る