fcb.portal.reset.password

Cesc, contra l'Espanyol. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

今夜、再び、バルセロナダービーがレリダにて行われる。バルサとエスパニョールは、カタルーニャ杯の決勝をカンプ・デ・エスポルツスタジアムにて戦う。三日前にリーグ戦のダービーでは、コルネジャーエル・プラットスタジアムには、バルサが0-2と試合を制したばかりだ。その際は、リーグ戦だったが、今回は、両チームがトロフィーを目指して競う。

残されている課題

バルサは、6年間、耐えてきているタイトルを再び、奪回するために戦うが、負傷による欠場者は免れない。メッシ、プジョル、アビダルはこの試合を負傷欠場する。また、代表に選出されており、出場できないのは、ダニ・アウベス、バルトラ、モントヤ、ムニエサ、ティアゴ、テジョだ。スタッフコーチは、バルデスとイニエスタを除き、残りのトップチームの選手は、全員、招集した。

招集リスト21人を埋めるために、バルサBからも8人招集された。オイエル、エスピノサ、バリウ、デロフェウ、セルジ・ゴメス、セルジ・ロベルト、ラフィーニャ、パトリックだ。

つらい黒星

一方のエスパニョールは、まだ、先日、日曜日に試合に負けたために、欧州枠の可能性がなくなったというその痛みから立ち直れていない。数週間前から、リーグ戦では残留を決め、最近の不調にもかかわらず(取得可能な勝ち点15点中1点)、リーグ戦では落ち着いて過ごしている。今晩、ハビエル・アギレ監督は、代表招集されたヘクトル・モレノを除いて、全員を駒として使うことができる状況にある。

上に戻る