fcb.portal.reset.password

Gol d'Alexis contra l'Espanyol. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

チャンピオンを止めることはできない。バルサは、エスパニョールのホームで手にした明白な勝利のおかげで、勝ち点97を手にした。ダービー戦は、試合前にコロンブスの塔がバルサのユニフォームを身に着けたこと、エスパニョールの選手が、ライバル・バルサをリーグチャンピオンであることを称えて、花道を作らなければならなかったこと、ネイマールのバルセロナ移籍が決まったことなど、多くのディスカッションを生み出したが、少なくとも、ピッチ上では議論の余地は一切なかった。バルサは、欧州枠を目指すエスパニョールを前に戦ったが、2点リードして試合を終えた。もっと点差が開いてもおかしくはなかった。

天才性をみせたアレクシス

  常にコルネジャーエル・プラットで行なうダービー戦が、緊張感あふれるものになるように、今回もバルサに試合のスタートから集中していくことを余儀なくする試合となった。ディフェンシブにきた相手チームに対し、バルサは試合を支配した。一番、ハードだったのは、‘エスパニョールのプレッシング’ラインを破ることだった。だが、向上する一方のバルサにビジャと壁を作ってワンツーでもっていったアレクシスが先制点を収めた。アレクシスは、胸でコントロールし、外から向かってくる選手を避け、GKクリスチャン・アルバレスが届かない位置にボールを押し込んだ(14分)。スーパーゴールだった。

コンパクトなチーム

  チームは試合に食いついてきたエスパニョールのプレスに耐えた。ゲームは殆ど敵地で展開されていた。あbるさは確かに縦に大きくピッチを使ってプレーすることはできず、前半最初の30分間の間、たった一度だけ明確なチャンスを得て、それを外すことなく決めた。試合はリズムのあるものであり、火花が散る紙^んもあった。ソングは耐え、イニエスタが音楽を奏で、ティエゴは新しいプレーを生み出した。バルサの‘8番’が放ったシュートと共に前半を終える結果となった。

追加点

ハーフタイムを桶、試合がスタートしたが、前半と殆ど変らなかった。バルサはポゼッションをとり、相手チームの気をそいだ。52分、ビジャが見事なチームプレーを通して、点差を広げるチャンスを得たが、ゴールに嫌われる結果となった。試合は両者に開かれたものだったが、バルデスは殆ど動く必要はなかった。クリスチャン・アルバレスは、ビジャのシュートからチームを救った(69分)。
 
火花の散るファイナル、決定的なペドロ

  試合は、バルサのきっちりしたディフェンスのおかげで、1-1よりも0-2に近かった。そのバランスが決定的に崩れたのは、80分。最初にエスパニョールが最高のドローチャンスを得たが、結果的には決まらず、そういうしているうちに試合は熱くなり、ワカソはカップデビージャがアレクシスに犯したファイナルについて文句をいったせいで、退場するハメとなった。試合の最後の方は、瞬間的に火花の散るシーンもあったが、チャビとペドロがスコアを広げた。

上に戻る