fcb.portal.reset.password

Éric Abidal

エリック・アビダルは、既にバルサの歴史に残る選手となった。フィジカル的に恵まれており、テクニック面でも優れているこの左サイドバックは、クラブが成功を収めてきた間、スタメンをつとめてきた。また、アビダルは常に人としても限界に挑戦してきた。社会の手本だった。続けて、アビダルがバルサの選手として過ごしてきた6年間を振り返る。

- 入団発表: エリック・アビダルはバルサに2007年6月29日に、オリンピック・デ・リヨンからカンプノウにやってきた。左サイドバックのジオ・フアン・ブロンクホーストの後任をつとめるべくやってきて、最初の2年間はシルビーニョと共にポジションを分かち合った。



- 公式デビュー: バルサの '22'番2007年8月26日は、ヌエボ・サルディネロ・デ・サンタンデルスタジアムにて、公式デビューを果たした。フル出場を果たし、試合はスコアレスドローに終わった。

- ローマでの三冠: 無冠に終わった初年の後、エリック・アビダルは2年目で三冠を手にした。バレンシアでの国王杯決勝、チャンピオンズリーグのローマでの決勝は出場できなかった。

- サン・マメスでの初ゴール: アビダルが初ゴールを決めるまで3年半、待たねばならなかった。場所はサン・マメスで国王杯16強の第二戦であり、そのゴールがその後の鍵となった。

-練習場訪問: 肝臓の腫瘍を除去した2週間後、アビダルはカンプノウの練習場に姿を見せて、チームメートを励まし、元気づけてその気持ちを伝えた。2011年4月1日だった。


- マドリード戦、最後の瞬間に復帰: 二か月間、欠場した後、ディフェンダーは再び、チャンピオンズリーグのクラシコで最後の瞬間に姿を現し、プジョルと交代してピッチに入った。バルサは決勝に進出し、アビダルは胴上げされた。


- ウェンブレイで四度目の優勝杯を手に: アビダルは2011年チャンピオンズリーグ決勝のスタメンだった。バルサはマンチェスターユナイテッドを相手に3-1で勝利をあげ、プジョルの気遣いのおかげで、優勝トロフィーを最初に持ち上げたのはアビダルだった。

- アラン渓谷での滞在:2012年4月にアビダルは肝臓移植を受けた。その半年後、アラン渓谷でトレーニングリズムをあげた。


- マジョルカ戦での復帰: 2013年4月6日、エリック・アビダルは奇跡を起こした。再び、リーグ戦でマジョルカを相手に復帰したのだった。68分にピケに代わって入った。その2週間後、レバンテ戦でスタメンを張った。

- ティトとアビダルのリーグ: プジョルは監督とバルサの'22' 番に、リーグ優勝トロフィーを最初に持ち上げる名誉を譲った。彼の自分との戦いが何より最高のタイトルとなった。

上に戻る