fcb.portal.reset.password

Iniesta, un dels onze blaugranes a Brasil. FOTO: FIFA.com

今週の日曜日にマラカナで行われる2013年コンフェデレーション杯決勝の舞台に、バルサの選手11人がピッチに立つ。バルデス、ジョルディ・アルバ、ピケ、ブスケッツ、イニエスタ、チャビ、セスク、ペドロ、ビジャがスペイン 代表と共に、ネイマールとアウベスがブラジルと共に日曜日の決勝で対戦する。

その中で、バルサの選手としてスタメンの可能性があるのは、GK(バルデス)、ディフェンダー3人(アウベス、ピケ、ジョルディ・アルバ)、ミッドフィルダー4人(セルヒオ、チャビ、イニエスタ、セスク)、FW3人(ビジャ、ペドロ、ネイマール)だ。

 バルデス は、この大会でナイジェリアを相手にフル出場した。決勝でプレーする可能性もある。また、ディフェンスについては、ジョルディ・アルバは300分プレーした中で2ゴールを決めている。ピケ(300分)とダニ・アウベス(360分)は、全試合でプレーしており、それぞれの代表での確固たるスタメンだ。中盤の、セルヒオ・ブスケッツ (300分)、 チャビ (287 分) 、 イニエスタ (314 分) は、デル・ボスケにとって不可欠であり、 セスク (140 分)は、フィジカル的な問題でイタリア戦に出場できなかったが、決勝でプレーする可能性は高い。決定的な試合では、大抵、ペドロ (235分)も数に入り、今大会では1ゴールをマークしている。 ビジャ (105分)は、タヒチ相手にハットトリックを決めている。また、バルサの新たな補強選手、ネイマール(322 分)はブラジル代表のリーダーであり、今大会では3ゴールをマークしている。

過去に対戦は8回

コンフェデレーション杯の決勝は、現ワールドカップチャンピオンのスペインとワールドカップ最多優勝国(5)のブラジルが対戦する夢のような決勝となる。両者が最後に対戦したのは、14年前であり、1999年にビゴで行われた親善試合だった。スペイン代表は、グアルディオラやルイス・エンリケなどがプレーしており、試合はスコアレスドローに終わった。当時のブラジル代表では、リバウドがプレーしていた。

この誰もが夢見た決勝だが、スペインとブラジルはこの長い歴史を通して8回しか、対戦したことがない。公式試合5試合、親善試合3試合だ。対戦成績はブラジル有利であり、ドローが2回、スペインの勝利が2回という結果に終わっている。

上に戻る