fcb.portal.reset.password

リーグ戦で15節連続でゴールしているメッシ / FOTO: ARXIU FCB

マドリードとバルサが 最後に対決してから、数日後に再び、顔を合わせることになる。今回は、リーグ戦だ、この大会は、バルサがマドリードから多くリードしている。その差は、このクラシコ前の時点で、勝ち点16点差にまで広がっており、 両チームの間で、歴史的にここまで大差がついた状態でクラシコが行われたことはない。

続けて、今回のクラシコについてのトリビア及び興味深いデータをここに記す。

-土曜日に何が起きても、バルサはクラシコの後、ベルナベウを過去になかった歴史的大差で去ることになる。 (13、 16 、 19 点差).

- バルサはリーグ戦でマドリードで4シーズン連続不敗であり、3勝1分の成績を得ている。

- もし、土曜日に負けることがなければ、1969/70 年から1973/74年の歴史的記録とタイ記録になる。

- この時期は、3分け2勝の成績を残している。つまり、もしも、勝つか引き分けるかした場合は、全体の成績は当時のものを上回る結果になる。

- ここ10年間で、バルサはリーグ戦において、ベルナベウで負けたことは、3回しかない。

- バルサは、歴史において、マドリードで17回、勝利をあげており、そのうちの5回の勝利がこの10年間で生じている。 あくまでも、リーグ戦に関するデータである。

- ジョルディ・ロウラ  は、ベルナベウを選手として 1990/91年のシーズンに訪ねているが、その際は、プレーすることはなかった。

- マドリードは、ホームで24節、負け知らず(20 勝 4 分け)でその記録は、バルサに負けた時を境に  (2011年12月3日の1-3 )今まで続いている。

- レオ・メッシ  は、リーグ戦でマドリードのスタジアムを訪ねた最近、4回のうち、3回、ゴールをマークしている。

- バルサの '10番'は、aアウェー戦で10節連続でゴールをマークする記録を達成した。また、リーグ戦では15試合連続でゴールをマークし続けている。

- チャビ はメッシが宿敵レアルマドリードのホームで決めた4ゴールのうち、3ゴールのアシストを決めている。

- クリスティアーノ・ロナウド は、最近のリーグ戦のクラシコ4戦で4ゴールをマークしている。ロナウドは、この2年間の間にあったクラシコでチームがゴールした20ゴールのうちの半分、10ゴールをマークしている。

上に戻る