fcb.portal.reset.password

リーグ戦でのペドロとラモス / FOTO: ARXIU FCB

今シーズン、5回目のクラシコは、国王杯準決勝の第二レグになる (21時、 Canal +) その試合に関するデータは下記の通り。

• FC バルセロナは、8回中6回、カンプノウで戦った試合で予選通過を決めている。そのうちの1試合は、アウェーで1-1とドローで引き分けた後だった。

• アウェーで1-1で引き分けた最後の前例は、昨季の準決勝でバレンシアとの対戦だった。その際、バルサは第二レグを2-0で制している。

• マドリードを相手に戦った8回のうち、1度、レアルマドリードがカンプノウで1-2と試合を制し、予選通過したことがある。

• 今季、5回目のクラシコになる。今季4回のクラシコは、アウベス、ブスケッツ、チャビ、イニエスタ、メッシ、ペドロがスタメン出場している。

• これらの6人の選手のうち、ブスケッツ、イニエスタ、メッシのみが270分プレーしている。

• バルサは今季、マドリードに7ゴール得点している。4点はメッシが決めており、残りのゴールは。チャビ、ペドロ、セスクが決めている。

• マドリードの数字も似ており、バルサに7ゴールマークしている。得点者は、ロナウド(4)、イグアイン(1)、ディ・マリア(1)、バラン(1)

• 2008/09年から、バルサが勝利を収めたのは5回 (リーグ戦2008/09年2-0、 09/10年の1-0、 10 / 11年の5-0、 2011/12 のスーパーカップ3-2 )、マドリードが2回 (リーグ戦11/12年の1-2、11/12年の国王杯2-2)、更に延長戦に持ち込まれたのが一回だ(2010/11年のチャンピオンズリーグ1-1)。

• カンプノウで行われる試合が、クラシコ・ダブル・マッチの第一戦になる。歴史的に二試合連続で行われるクラシコ・ダブル・マッチが行われるのは13回目。過去の成績はバルサが12勝7分7敗。

• リーグ戦、国王杯、チャンピオンズリーグ、スーパーカップ全てを含めて、レアルマドリードは今季、ベルナベウから離れて20試合をプレーしているが、アウェー戦で決勝に進んだのは、9回のみだ。残りの11回のうち、9回は敗退、2回が延長戦に持ち込む結果となっている。

• 逆にバルサは、今季、カンプノウで19回行われた試合のうち、17試合を制している。マドリードとリーグ戦で  2-2 で引き分けた試合、及びマラガと2-2で引き分け、最終的に予選を突破することになった国王杯の試合が勝利を得られなかった二試合だ。

• バルサは、2月26日に21試合を行っているが、過去に8勝8分5敗の成績を残している。この日にマドリードと対戦したのは、過去に一度だけで、 1999/00年のリーグ戦26節だった。その試合は、マドリードが3-0で制している。

上に戻る