fcb.portal.reset.password

Piqué i Dante en el partit d'anada / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ミュンヘンでバルサが敗戦を喫した後、 バルサとバイエルンは、再び、チャンピオンズリーグ準決勝第二レグで水曜日に顔を合わせることになる。両者は5月25日に行われるウエンブレイでの決勝の地を目指して、戦う。

- チャンピオンズリーグのクラシコにあたる両者だが、歴史的に両チームが対戦したことは7回しかない。

- そのうち5回がチャンピオンズリーグ、残りがUEFA杯だ。 対戦成績はバルサが1勝2分け4敗。

- バルサが唯一、勝利をあげたのは 2008/09年、チャンピオンズリーグベスト8の第一戦だった。結果は、4-0だった。このスコアは、今年の予選を突破するのに必要な得点であり、これを手にすれば、 延長戦にもっていける。

-  2008/09年は、バルサが唯一、ドイツのクラブを破って進出を決めた年だ。

-UEFA杯で、1995/96年にグループリーグで勝ち抜き、バイエルンは準決勝に進んだ。また、その2年後にも対決に勝っている。

- ミュンヘンのチームを相手に最も効果的に活躍しているのは、 レオ・メッシ であり、3試合中2ゴールを決めている。

- バイエルンは直接対決で勝っているが、得点に関していえば、大差はない。  バルサは9得点を決めており、バイエルンは12だ。

- 今週の水曜日の主役は、お互い、あらゆる大会レベルで、決勝で顔を合わせたことは一度もない

上に戻る