クリスチャン・テジョ/ PHOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナは、クリスチャン・テジョとの契約を201年6月30日まで更新することで、選手と合意に達した。契約破棄金は、1千万ユーロになる。

サインは、来週の月曜日、12月17日FCバルセロナのオフィスで行われる。

精巧に育てられたユース育ち

テジョは、2002年から2007年まで、クラブのユースカテゴリーでプレーし、その後、ダムンに移り、また、エスパニョールでも2年間プレーした経験がある。2010年の夏にバルサのユースに再び、復帰し、2011‐12年から、トップチームでも、活躍するようになった。

テジョは2011年11月8日にトップチームでデビューを果たした。オスピタレットを対戦相手に迎えた国王杯でのデビューで、2ゴールをマークした。スペインリーグでは、2012年1月28日にビジャレアルとの対戦でマドリガルでデビューした。トップチームでのスペインリーグ最初のゴールは、2012年2月4日、レアルソシエダとの対戦だった。