Els cinc primers classificats

レオ・メッシが今週の月曜日、4回目のバロンドールを獲得したが、これが最後という感じはしない。メッシが勝つ時は、バルサが勝つ時であり、その逆も真実だ。バルサは、バロンドールを最も多く、輩出したクラブに10回目のバロンドールをもたらした。バルサに続くのは、ミランとユベントスでそのバロンドールの総数は9になる。メッシがサッカー界で達成した出来事は、本人のみならず、チームのそしてチームメートの伝説を更に、偉大なものに仕立てた。

一番目は、スアレス

ガリシア人選手、ルイス・スアレスが、バルサのユニフォームを身に着けてバロンドールを手にした最初の選手となった。 1960年の出来事であり、その次にバロンドールを得たのは、バルサに移籍してきたオランダ人、ジョルディ・クライフであり、二回に渡って (1973、1974年)受賞した。4回目は、 1994年、ウリスト・ストイリコフの手によってもたらされ、その5年後の99年、リバウド・ビクトル。ボルバが5個目のバロンドールを手にした。 2005年、素晴らしいロナウディーニョ・ガウチョがバルサの選手としてバロンドールを手にする6人目の選手となる権利を得た。

記録尽くしのメッシ

バルサのトップチームで最初のゴールをマークしたのは、2004年、アルバセテとの対戦だった。その時以来、メッシは選手としての成長を止めることはなかった。最初の監督は、フランク・ライハールト、その次はペップ・グアルディオラだったが、レオ・メッシは常にチームの主役の座を担ってきた。2009年から止まることなく、自らを超えてきた。4年間連続でバロンドールを制覇しー誰もが達成したことがないー、世界一の選手として4度目の受賞を手にし、バルサのタイトル数を増やし、この結果により、バルサはバロンドールを10回、制し、受賞選手を最多輩出したクラブとなった。,