fcb.portal.reset.password

Tres decepcions i dues alegries en les últimes cinc semifinals de Champions

最近、5回のチャンピオンズリーグ準決勝の試合結果は、バルセロナのサポーターに喜びを与えたり、つらい悲しみをもたらしたりしてきた。その試合をここで改めて振り返る。

2007/08年 マンチェスターユナイテッド戦 (0-0 、 1-0)
フランク・ライカール度が率いた最後の年に当たった。それまで6年連続でチャンピオンズリーグ準決勝を戦ってきたバルサだが、第一レグは、クリスチャン・ロナウドがPKを外したおかげで、0-0に終え、第二レグをスコールズのゴールで1-0に終える結果となった。このオールドトラットフォードでの経験が翌年に役立つこととなった。

2008/09年 チェルシー戦 (0-01-1)
2008年、 FC バルセロナはー当時はグアルディオラが率いていたーカンプノウでの第一レグを0-0で終え、イギリスに行かなければんらなかった。前年同様、ホームで早い時間にゴールを決められ、バルセロナは、厳しい状況におかれたが、試合90分間が終わるまで、決してあきらめることはなかった。その瞬間、イニエスタが真正面からゴールネットに放ったシュートが吸い込まれ、ローマへの道が開かれた。近年の準決勝の中でも、最高の思い出の一つだろう。

2009/10年 インテル・ミラン (3-1  1-0)
バルサにとっては、3年連続準決勝進出だったが、第一レグでネガティブな結果を手にした。この時、不運なことに火山の影響により、バルサはミランまでの長い道のりを長距離バスで移動せざるを得なかった。遠征先のミランで、バルサはインテルを相手に3-1の負けを喫した。カンプノウでは、ピケが決めたゴールが一瞬、逆転の夢を見させたがその夢が叶うことはなかった。、

2010/11レアルマドリード (0-2  1-1)
  クラシコになったために、注目を浴びた2011年の準決勝。 サンティアゴ・ベルナベウでの見事な2-0が、ほぼ、結果を決めた。第二レグはペドロのゴールのおかげでドローに終わった (1-1)。この日は、アビダルが復帰した日でもあり、また、最終的にアビダルはウエンブレイでチャンピオンズリーグ優勝杯を持ち上げることになった。

2011/12チェルシー (1-0  2-2)
2009年同様、 第一レグの結果のよって、バルサはカンプノウでの敗退ぎりぎりに追い込まれた。 バルセロナでは、ブスケッツとイニエスタのゴールのおかげで、早い時間に2-0を得て、一時的に通過させ、ミュンヘンへのファイナルをグアルディオラのチームは夢見ていたが、ハーフタイム前にチェルシーのゴールが決まり、更にロスタイムにトーレスが追加点をマーク。バルサの夢を打ち砕いた。

上に戻る