fcb.portal.reset.password

サン・マメスで100試合

アスレティック・クラブ -バルサが戦う土曜日の対戦は、サン・マメスで行われる最後の試合となる。この伝統あるスタジアムは、ほぼ1世紀を経て、来季から、その場所を新スタジアムに譲り渡す。また、バルサは、この最後のカテドラルでバルサはは百試合目を迎える。

99試合

過去にバルサはサン・マメスで99試合をこなしているが、その内訳は、リーグ戦 81、国王杯14、 UEFA杯2、スペインスーパー杯 2, プレジデント杯1、そして40/41年にスペインサッカー協会によって運営された公式試合1試合だ。成績は、28勝22分け49敗、139得点186失点だ。

得点王、セサル・ロドリゲス

その139ゴールの中で、最も得点に貢献したのは、セサル・ロドリゲスだ。この著名なFWは、サン・マメスでバルサにおいて8ゴールをマークしている。それに続くのが、マリアノ・マルディン、バソラ、バケロ、ストイチコフ、サビオラで4ゴール決めている。

常に難しいアウェー戦

数字が示すとおり、サン・マメスでの試合は伝統的にバルサにとっては難しい試合になることが多かった。リーグ戦だけを見ても、このビルバオの伝統的な本拠でバルサが戦った81試合中勝利をあげたのは22回だ。とはいえ、そのうち、12回の勝利が最近23回の試合の中に含まれている。

親善試合

  このように古きサン・マメスのアスレティック・クラブ時代はバルサと百試合の対戦を行なった上で、幕を閉じることになる。公式試合の他、バルサは親善試合を19試合行っているが、そこでもバルサが勝利をあげたのは1度、敗戦が15回という成績になっている。

上に戻る