fcb.portal.reset.password

Neymar i Alves celebren un dels gols de Brasil / FOTO: www.fifa.com

Neymar celebra el gol marcat a la final de la Copa Confederacions / FOTO: www.fifa.com

新マラカナスタジアムで74.000人もの観客がバルサカラーに染まったコンフェデレーション杯の決勝の舞台を楽しんだ。 決勝の舞台には、FCバルセロナから総勢8人もの選手が顔を揃えた。この歴史的シーンとなったピッチには、スタメンとしてブラジルから二人ーネイマールとアウベスースペインから6人-ピケ、アルバ、セルヒオ、チャビ、イニエスタ、ペドロ-が参戦し、また、ダビッド・ビジャが後半から出場し、スコアをひっくり返すべくスペイン代表を助けた。

ネイマールは、今回のコンフェデレーション杯における顔となった。 ブラジルの '10番' は、今回、4ゴールをマークし、その実力を改めて証明し、大会のMVPに選出された。 バルサの新選手は、リニューアルしたブラジル代表のアイコンとなり、国民の支持を力に加え、四度目のコンフェデレーション杯を3大会連続 (2005, 2009, 2013)で、獲得した。

見事なブラジルの前半を彩ったネイマール

ネイマールが決めたスーパーゴールがブラジル代表前半を彩った。 バルサの新選手は、カシージャスの手の届かない位置に左足でストレートにボールを突き刺した。 その前には、カシージャスがセーブしたものの、シュートしたフレッドへ見事なアシストパスを送ったり、アルベロアがミスしたクリアボールを弾丸のように奪い去るなどのプレーで、その実力を示していた。  スコラーリの率いる選手は、試合の2分には先制点を決めていた。スペイン代表が小さなエリア内でちょっとした混乱を生じさせた際に、フレッドが先制点をマークしたのだった。

一方のスペイン代表は、快適にプレーすることができなかった。セルヒオ・ブスケッツの中盤での仕事は増え、チャビやイニエスタはずっとプレスを受け続けており、通常みせるような華麗な動きを行なうことができずにいた。そんな中でも、イニエスタ は、エリア外正面からシュートを放ち、フリオ・セサルを驚かせた。また、別のバルサの選手、ペドロはダビッド・ルイスのクリアボールを見逃さず、シュートチャンスを得たが、シュートがゴールになることはなかった。それらのチャンスがビセンテ・デル・ボスケ監督が率いるチームが最初の45分間の間に手にした最高のチャンスだった。

フレッドが後半開始に3ゴール目

後半が始まり、再び、フレッドが主役となった。フレッドが3ゴール目を大会開催国にもたらし、そのゴールがこの試合を決定づけた。セルヒオ・ラモスがPKチャンスにその点差を縮める機会を得たが、彼のシュートは、フリオ・セサルが守るゴールの右側に大きく外れた。これが再び、ブラジル代表に自信をもたらし、その後もブラジルがプレスの手を緩めることはなかった。

デル・ボスケ監督は、ナバスとビジャをマタとトーレスに代えて投入した。 バルサのFWは、フリオ・セサルの瞬発力を試したものの、ゴール前で主役を張ったのは、ネイマールの方だった。 スペインのディフェンダーのスペースを縫って、ネイマールは縦に積極的に動いた。そのプレーのうちの一つが、ジェラルド・ピケのレッドカードを招いた。スペイン代表は、通常の実力を出すことができずに終わった。

三位はイタリア

また、イタリアとウルグアイは三位決定戦を行ない、その実力は互角だったが、最終的にPK戦でコンフェデレーション杯の3位を決めることになった。ベテランのブフォンがそこで主役となりー三回のPKを止めたー イタリア代表はドローに終わった試合(2-2)をPK戦で制した。

試合データ

ブラジル 3
スペイン, 0

ブラジル: フリオ・セサル, ダニ・アウベス, ティアゴ・シルバ, ダビッド・ルイス, マルセロ, ルイス・グスタボ, パウリーニョ (エルナネス, 87分), フルク (ハドソン, 72分), ネイマール、オスカル、フレッド (ジョー, 79分).

スペイン: カシージャス、アルベロア(アスピリクエタ, 45分), ピケ、ラモス、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケッツ、チャビ、イニエスタ、マタ (ナバス 52分), ペドロ、トーレス (ビジャ 58分).

ゴール: 1-0, フレッド (2分); 2-0, ネイマール(44分); 3-0, フレッド (47分);

主審: Bjorn Kuipers (オランダ).

上に戻る