fcb.portal.reset.password

ミランでプレーするボジャン / PHOTO: www.acmilan.com

ボジャン・クリキッチ は、バルサの選手として、163試合中41ゴールをマークしている。www.acmilan.com (ミランの公式サイト)でサン・シロ・で行われる試合は、彼にとって感動的なものになるだろうと話している。「僕にとっては、特別な一戦だが、余り、内側にある感情については考えたくない。僕は今、僕らの目の前にある90分間のゲームにひたすら集中したい」と思っていることを話し、「今まで、決して、バルセロナと対戦したことはない。だからこそ、この試合は、僕にとってただのゲームじゃないが、僕がチームを助けたいだけだ」と付け加えた。

カタルーニャ人のFWは、このバルサとの対戦を「世界で最も大きなゲームの一つ」と定義し、「適宜なメンタリティで臨めば、僕らが次のラウンドに進めるチャンスは十分ある」と話した。「これは、スリーポイントマッチじゃない。180分間で試合が終わる、ゴールが最も重要性を持つ試合だ。僕らはスコアしなければならないし、相手にはゴールを決めさせてはならない。180分間、集中し続けなければならない」 とコメントした。


「バルサは最強のチームだが、サッカーにはおかしなことが起こる」

AC ミランの元選手、ジェンナロ・ガットゥーソは、現在、スイスのFCシオンでプレーしているが、ムンド・デポルティーボ紙の取材に答えて「バルサセロナは、世界一のチームだが、彼らも負かすことができるチームだ」と発言し、ミランがバルサを立追う可能性について聞かれると、「サッカー界では何が起こるかわからない。サッカーは論理が通じる巣ポールじゃない。パッと見では、バルサの方が有利に見えるが、昨年、ノセリオが1-1にしたし・・・作家0にはおかしなことが起きるものなんだよ」と答えた。

バルサ時代のボジャン

ボジャンは、バルサのトップチームで2007-2011年まで4年間在籍し、10回タイトル獲得(リーグ優勝3回、チャンピオンズリーグ2回、スペインスーパーカップ、国王杯、クラブワールドカップ、欧州スーパーカップを各1回)。チャンピオンズリーグでは、5ゴールを得点。

上に戻る