fcb.portal.reset.password

Alineació del Bayern contra la Juventus. FOTO - www.fcbayern.telekom.de

互角の戦いになるだろうが、今季、最強の力を見せているバイエルン・デ・ミュンヘンは、ユベントスとの対戦にも二試合とも勝って、昨年同様、準決勝へ進んだ。

リーグ戦での歩み: バイエルンは既に、 ブンデスリーガのチャンピオン として名乗りをあげた。23回目のチャンピオンであり、まだ、シーズンが終わるまで6節を残している。これは、ブンデスリーガにおける歴史的記録 と言われている。二位のドルトムンドに勝ち点20点差をつけているが、このクラブは準決勝での対戦相手でもある。その上下関係ははっきりしている。

チーム:恐るべき中盤を手にしている。ヘインクスは、世界的なレベルの選手を集め、人数を多めにしてベンチを構成しているため、それが多くのオプションを可能にし、バイエルンを歴史的三冠を手に去る可能性を残している。システムは、4-2-3-1を起用し、中盤が最大の強みだ。フィジカル的に強い シュバインシュタイガー、ハビ・マルティネス、ルイス・グスタボなどの選手とサイドから1対1でライバルを抜くロッベンリュベリーそれにトマス・ミュラーのクオリティの高さを加えたコンビネーションを作り出している。

ディフェンスには、ブラジル人選手 ダンテ が、ボアテング、フアン・ブイテンと共にスタメンをはることになるだろう。バトシュトゥバーが欠場のためだ。ドイツ代表のフィリップ・ラーム、若手のアラバがサイドバックのスタメンとして固定されている。ゴールを守るのは、ノイアーだ。

欠場選手: バイエルンの‘9番’ マンツゥキッチは、累積欠場するが、それは今季、重要性を失ったマリオ・ゴメスにとって絶好の機会になるだろう。また、オプションとして、ペルー人選手のクラウティオ・ピサロもいる。ピサロは、トゥリンの第二戦でもゴールを決めている。ミッドフィルダーのトニ・クロース、ディフェンダーのバトシュトバーも負傷のため、準決勝を欠場する。

上に戻る