fcb.portal.reset.password

Els jugadors capcots sobre la gespa. FOTO: ÀLEX CAPARRÓS - FCB

チャンピオンズリーグ準決勝で、バイエルンを前に進出を譲ったFCバルセロナの選手の試合後のリアクションは、以下の通り:

ジェラルド・ピケ

「こういった感触を手にするのは、気持ちいものじゃない。前半は悪くなかった。でも、後半のゴールが残りの45分間をハードなものにした」

「僕ら」はもっているものを全て出し切った。おそらく、ぎりぎりでこの大会を戦うことになった。今からはまずはリーグを考えて、できるだけ、早く終わらせて、来季に向かって決断していかなければならない」

「レオがいないと同じではないが、だからといってすごく影響したわけじゃない。結果はだいたい、似たようなものになっただろう」

「マドリードが勝とうが負けようが、(敗退の)痛みは同じだ」

ダニ・アウベス

「このレベルの大会に、ぎりぎりのコンディションで来ることはできない。僕らはおそらくそうだったのかもしれない。それが、高くついたんだ」

「彼らの方がうまく戦ったし、いい状態でここまでこれた。彼らは決勝に行くのにふさわしい」

「僕らは負傷者も抱えて、ぎりぎりのコンディションで、力を出してここまで来た。ディフェンスは常にいろいろとその場で買えていかなければならなかった。こういったハイレベルで、フィジカル的にぎりぎりに来ると厳しい」

「応援してくれた人々には心から感謝したい。きっとこれを返すと約束したい」

金曜日に練習

選手は、このハードな準決勝を戦った後、明日、休暇を過ごし、金曜日の11時に再び、ジョアン・ガンペル練習場でトレーニングに戻り、週末のリーグ戦に備える予定だ。

上に戻る