日曜日に対戦するバルサとエスパニョール/ FOTO: ARXIU FCB

日曜日の午後 (19時)に行なわれるダービー戦のデータと興味深いトリビアをチェック。


- FCバルセロナと
RCD エスパニョールは、157回対戦しており、結果はバルサから見て、87勝36分34敗

- カンプノウでの試合に限ると、データは向上し、60勝10分9敗

- 最も点差が開いたのは、5-0で5回、繰り返されている

- レオ・メッシは、ハビエル・アギレとカンプノウで5回対戦しており、6回、ゴールをマークしている。

- メッシはジョセップ・グアルディオラが別れを告げた昨シーズンの試合で、4-0の4得点全てをマークしている。

- アンドニ・スビサレタは、リーグ史上、最も数多くエスパニョールと対戦しており、その回数は32回。

- チャビイ・エルナンデスは、バルサ史上、3番目にエスパニョールと数多く対戦した選手であり、その上には、スビサレッタと‘キニがいる。最も、この二人は、バルサ以外のチームでも対戦している。

- チャビイは、25回、エスパニョールと対戦しており、プレー時間は2121分になる。

- バルサとエスパニョールのリーグ戦での勝ち点差は34点であり、前半においてここまで大差がついているのは初めて。

- 今回、ダービー戦がレイジェスの日に当たったが、それは二度目。一度目は1935年。