fcb.portal.reset.password

デポル戦でのメッシとセスク / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

フェルナンド・バスケスは、今季、アウェー戦で運に恵まれていない。 リアソールから離れたアウェー戦で、一試合もまだ、勝っていず、5分け8敗の成績だ。 デポルティーボは、アウェー戦で平均2.15失点しており、 トータルで29得点56失点の成績だ。チームの得点王は、リキで10 ゴールをマークし、全体の34% を得点している。とはいえ、チームは、8試合連続で勝利をあげられず、リーグ戦では最下位、降格ゾーンを抜けるまで、8点が必要だ。

リアソールでの荒れた試合

リーグ戦前半にまだ、監督が ホセ・ルイス・オルトラ だった時、リアソールで行なったバルサの試合は、最終的に4-5に終わった。 ジョルディ・アルバティト・ビラノバのチームに前半3分に先制点をもたらし、クリスチャン・テジョ が7分、それに続いて試合を0-2にした。 17分、メッシがゴールを決めて0-3にしてからは、試合は終わったように思われたが、その後、ピッツィ、ベルガンティーニョスが億点を変え紙、26分、36分には試合は2-3のスコアになった。ハーフタイムになる前にメッシが再び、ゴールを決めた(2-4)。

後半がスタートして1分、デポルの得点王、 リキ が試合を3-4にし、試合はまたもや混戦となったが、76分にメッシが試合を3-5にし、更に点差を広げたが、その2分後、ジョルディ・アルバの自殺点で試合のスコアは4-5になり、最終的にそのスコアで終了したものの、試合終了寸前までバルサは苦しめられた。

デポルティーボの新監督は、カンプノウでの初勝利を目指している。レアルマドリードとのホームでの対戦を敗戦 -1 対 2- でデビューした監督は、その後、ホームでラヨ・バジェカーノを迎え、スコアレスドローに終えた。ホームから離れた場所で、最初の勝ち点3を願っている。

バルサは、彼にとって顔なじみのライバルだ。 -コンポステーラ、オビエド、マジョルカ、ラス・パルマス、ラヨ、バジャドリード、セウタ・デ・ビゴのチームを率いて、20回、バルサと対戦しているが、その記録は歴史的にネガティブなもので、5勝4分11敗だ。バスケスは、セウタ・デ・ビゴを昇格に導いた履歴書があるが、その際、鍵になったGKは、ピントだった。

上に戻る