fcb.portal.reset.password

Campions de Lliga 2012/13.

‘Aquest any, també!’ (「今年もだ!」) バルサは、数字的に2012/13年のリーグチャンピオンになった。マドリードがエスパニョールの前にドローを喫したことが、バルサに一足早く、リーグ優勝をもたらした。FCバルセロナは、ビセンテ・カルデロンでは、今季リーグ覇者としてピッチに立つことになる。

  歴史上、22回目のリーグ優勝、それも最近5年間で4度目のタイトルだ。ペップ・グアルディオラがベンチでチームを率いてスタートしたこのサイクルは、その後、当時の第二監督、ティト・ビラノバの手に渡り、引き継がれた。バルサの攻撃的サッカーが再び、勝利を収めた。

ティトと ‘アビ’のリーグ

それもただのリーグ制覇ではない。この'22'番目の優勝は、特別な意味を持っている。クラブは、二度に渡り、非常に厳しい時間を過ごさなければならなかった。ビラノバとエリック・アビダルの病気の再発は、チームに影を落とし、シーズン中、軸となるディフェンスだけでなく、監督不在という状況までもたらした。 弱っていたチームをロウラとアルティミラが中心になって立て直し、チームは日々の練習をベースに、クラブへの忠誠を胸にその状況に耐えて、答えた。全員が最初から最後までリーグ戦を支配すべく、歩を進めた。初節から最終節まで、その姿勢は変わることがなかった。

完璧な道程

近年同様、バルサは驚異的な記録を生み続けている。中でも、今季は、そのリーグ前半が余りにもセンセーショナルだったことで記憶に残るだろう。手にする勝ち点57点中55点を手にし、それも目に楽しいプレーを展開しながらの達成となった。リーグ史上の最高記録は、バルサの手でもたらされたのだ。また、それとは別に12月から二位以下に勝ち点10点の差をつけて、タイトルまでこぎつけた。間でチャンピオンズリーグ、国王杯を落とすことになったが、両大会とも準決勝での敗退だった。

ブレーキかけずに

あと、リーグ終了まで4節を残し、チームはまだ、目標を残している。現在、勝ち点88点を手にしているが、もし、残りの試合に勝てば、リーグの最高勝ち点記録とタイで並ぶことになる。また、既に105ゴールを決めているが、現時点でこの数字は、どのチームも達成していないものだ。また、レオ・メッシは、既に46ゴールをマークしており、三回目の最多得点王に近付いているが、昨年、50ゴールを決めているため、再び、自己記録に挑んでいる。これがバルサの時代で、バルサのスタイルだ。これからも、ずっと続いていくことを祈りつつ、チャンピオン、おめでとう!

上に戻る