fcb.portal.reset.password

Victòria del Barça B contra el Nàstic a la Copa Catalunya. FOTO: ÀLEX CAPARRÓS-FCB.

タラゴナのヌエボ・エスタディオで、カタルーニャ杯の準決勝に真摯に臨んだバルサBは、その甲斐あって、決勝進出を決めた。2部Bながら、現カターニャ杯の保持者であるナスティックを前に、試合の早い時間帯に、ダビッド・ロンバンがゴールを決めた。前半のエウセビオの采配が光った。

ロンバンのゴール

オイエルがエウジェニのシュートを見事にクリアしたすぐ後に、ロンバンがパトリックが犯したペナルティ(その前の見事なアシストはラフィーニャによるものだった)をきっちりと決めた。得点チャンスは少なかったものの、バルサは最初から試合の舵をとっていた。 ジョアン・ロマンが自らの個人プレーから、決定的なチャンスを得たものの、最後のシュートが正確性に欠けた。

最終的に支配

ナスティックは、辛抱強く、ボールがラフィーニャの足元に来るまで待ち、ボールを奪ってはチャンスを狙い、縦のラインを使ったチームプレーで攻めたが、それよりももっとチャンスを作り出したのは、バルサの方だった。アランホがゴール正面から放ったシュートをセルジオ・ロペスが救った。ハーフタイムには、エウセビオはローテーションを使い、3人の選手を一気に変えた。そのうち、二人はフベニルカテゴリーの選手だった。

低いリズム

菜スティックは、ハーフタイム後、自営でプレーし始め、オイエルの守るゴールエリアへと近づいた。57分には、奇跡的に同点ゴールを防いだ。試合のリズム時代は落ちたが、バルサBが再び、ボールのコントロールを握った。右サイドはアダマのスピードのおかげで無理せずに昨日し、とにかく結果を求められた。ピッチの状態も良好とは言い難く、フラン・カルビアが放った シュート(89分)で、同点に追いつかれるかと思われたが、後ろから狙った結果、打ち上げてしまった。

時間もそれ以上、残されていなく、バルサはカタルーニャ杯の決勝に進出した。やはり、準決勝でヤゴステラと戦い、3-0の結果を出したエスパニョールと決勝で戦うことになった。

上に戻る