fcb.portal.reset.password

Gerard Piqué. Training session PHOTO: MIGUEL RUIZ

自分と同じポジションを補強するといううわさは、常に気になるものだが、ジェラルド・ピケは、その状況にありながら、プロとしての姿勢を貫いた。「バルサが毎年、進化していくためには当然のこと」とピケはセンターバックの補強について話し、「僕らは毎年、全てに勝ちたいと思っている。そのためにはできるだけ、最高のチームを作る必要がある。もし、クラブが僕らにはディフェンダーが必要だというのなら、そうすればいい。今季、僕らは向上する必要があるのだから」とピケは話した。

僕らは毎年、全てに勝ちたいと思っている。そのためにはできるだけ、最高のチームを作る必要がある。

新顔
ディフェンスに加わるポテンシャルの高い新しいパートナーについて聞かれたピケは、「ティアゴ・シルバ、フンメルズ、コンパニー・・・彼らはみんなビッグクラブの素晴らしい選手だ。だが、それを決めるのはマネージャーだろう」と答えた。

また、既に新加入が決まっているネイマールとは、既にサントスにいた時にクラブワールドカップで戦っているが、その時のことについてピケは「」私達が決勝で勝ったが、ネイマールはとても優秀なFWで私達はずっと彼を見ていなければならなかった」と振り返った。また、「彼はテクニックにすぐれ、ディフェンスを振り切る多くの手段を手にしている」と表現した。

また、メッシとの共存について「ネイマールの到着がレオにどういう意味をもたらすかって?ネイマールがチームにいれば、メッシを助けることになる。相手チームはしょっちゅうゲームの最中、メッシをマークしているが、でも、ネイマールが僕らのサイドにいれば、少なくとも相手のディフェンダーは2か所をマークしなければならない。それにネイマールはカンプノウが好むタイプの選手だと思うよ」と発言した。

ネイマールがチームにいれば、メッシを助けることになる。ネイマールが僕ら側にいれば、少なくとも相手のディフェンダーは2か所をマークしなければならない。

悲しいお別れ

来る選手がいれば、去っていく選手もいる。エリック・アビダルが出ていくことは既に知らされたが、ダビッド・ビジャとビクトル・バルデスも来季、いない可能性がある。「チームメートが去っていくのは、常につらいものだよ。特にいい選手であると同時に、人間的にも優れている仲間とあってはね」と話した。「ビジャとあbるですについては、どうなるかは僕にはわからない。でも、アビには全ての幸運を祈るよ。なぜなら、彼はそれに値するからだ。彼のお別れは胸が高鳴った。アビの病気がわかってから、ずっとクラブは彼のことをとてもよくしてくれたと思う。それに数年後、彼が帰ってくると僕らは知っているからね」とコメントした。

バイエルンから学んだこと
2012/13年について、基本ラインで良かったとジェラルド・ピケは話したものの、チャンピオンズリーグの準決勝でのバイエルン・ミュンヘンとの対戦は簡単に消化できるものではない。その夜に多くのことを学んだとピケは言う。「バイエルンはとても強くゲームに臨んできた。僕らはメッシも第一レグにいなかったし、第二レグでも全員がプレーできなかったし、100%の状態では臨めなかった。バルサは7-0で負けるようなことがあってはならない。僕らは向上しなければならないとわかっている。僕らはもっと走れなければならない。僕らはもっとグループ全体で努力し、個人レベルを引き上げ、再び、トップを目指さなければならない。このチームは既にハードに戦ってきた。僕らはそう、頑張り続けている。でも、僕らはこれ以上、できなかったら最高の位置にはつけないという現実を認めなければならない。僕らは再び、最高のポジションを得るために、チャレンジしなければならないんだ」と強く語った。

僕らはこれ以上、できなかったら最高の位置にはつけないという現実を認めなければならない。再び、頂点に立つために、僕らはチャレンジしなければならないんだ

上に戻る