fcb.portal.reset.password

Andrés Iniesta, celebrant el gol contra el Màlaga / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナのミッドフィルダー、 アンドレス・イニエスタ は、シーズン最後の試合を祝い、マラガを相手に4-1で試合を制して勝ち点100を手にしたことについて、述べた。 「リーグでのいい感触を手に、人々が楽しんでくれるように、試合に勝ってシーズンを終わりたいと思っていた。いったん、リーグ優勝を決めた後は、勝ち点100点を目指したかった。その数字は魅力的だったし、スキャンダルものの数字だ。この記録は永遠に残るだろう」

"アビ"の幸運を

  シーズン最後の試合は、エリック・アビダルへのお別れも意味していた。チャビとプジョルの手で、チームメート全員のサインが入ったユニフォームがアビダルに贈られ、カンプノウと選手達は、大きな拍手を送った。「アビダルのためにしたことは、(彼が僕らにしたことと比べれば)ちっぽけなことだ。アビダルは僕ら全員に本当に多くのことを教えてくれた。ただ、ひたすら、スポーツ面でも個人面でも幸運に恵まれることを祈っている」と強調した。「何年も長い時間を彼と一緒に過ごしてきた。僕らはいろんなシチュエーションを共に過ごしてきた。僕はファンが彼の価値を認めてくれて、彼が大きな拍手を受けたことに対して、本当に嬉しく思うよ」

将来の鍵
イニエスタは、最も近い将来についてもはなした。バルサの‘8番’は、今季、まだ目標が残っていると話した。それは、コンフェデレーション杯だ。 「コンフェデレーション杯でまだスペイン代表がとっていないタイトルを勝ち取るように頑張りたい」

最後にイニエスタは、ビクトル・バルデスについて触れた。 「バルサに残って欲しいと思っている。彼はこの間、記者会見で話したように、契約を遂行するつもりでいる。もし、来季も僕らと一緒にいるなら、それは朗報だ」

上に戻る