fcb.portal.reset.password

試合でゴールを決めたピケとメッシ

FCバルセロナは、国王杯準々決勝第一戦をマラガを相手にカンプノウで行ない、2-2というリスクの高い結果で終えた。その後、リーグ戦のレアル・ソシエダでは、今季初黒星を喫した。連勝記録が二戦連続で止まったまま、マラガのホーム、ロサレダに飛んだバルサのトップチームは、ロサレダで引き分けた場合は、マラガの進出が決まるという勝利のみを目的とした今季初のマッチボールに挑んだが、悪条件のピッチなどのコンディションにも打ち勝ち、試合を2-4で制し、準決勝へと駒を進めた。準決勝は、レアル・マドリードと対戦する。

 ・準々決勝第一戦を振り返る

国王杯第一戦総括

 ・プレビュー

‐ジョルディ・ロウラ 「選手達がリアクションしてくれると信じている」

-マラガ-FCバルセロナ、国王杯でのマッチボール

ビジャも含めて19人を招集

 ・試合

 -決して裏切らない選手達(2-4)

-ジョルディ・ロウラ「選手達が再び、教訓を与えてくれた。それも一度や二度じゃない!」

-国王杯準決勝は、クラシコ

 ・試合トリビア

-ロサレダでバルサが披露した最高の試合データ

 ・写真

 -マラガ-FCバルセロナ(2-4)

上に戻る