fcb.portal.reset.password

Gol d'Alexis amb Xile. FOTO: fifa.com.

再び、代表戦において多くのバルサの選手が活躍したが、中でも今回、一万、満足しているのは、間違いなくアレクシス・サンチェスだろう。バルサの‘9番’はワールドカップに向けて、大事な勝利をチリと共にあげただけでなく、自らのゴールで勝利を導いた。

チリ代表はサンティアゴ・デ・チリで、ビリビアを相手に3-1で試合を制した。最初のゴールを決めたのはバルガス(16分) でその後、アレクシスが二点目をヘディングシュートで決めた (18分) ボリビアのマルティンスが30分後にその差を縮めたが、ロスタイムにビダルが追加点をマーク。チリは4位をキープすることになり、5ポイントを獲得した。

メッシは30分間、マスチェラーノは退場処分
南米グループは、相変わらず、アルゼンチンが首位だ。今週の火曜日、アグエロが貴重なドローをもたらすとくてんをエクアドルにて、PKから決めた。前回のコロンビア戦同様、レオ・メッシは最後の30分間、出場し、再び、アルゼンチン代表に活気を与えた。ハビエル・マスチェラーノは、ピッチの外に連れ出した担架を運ぶドライバーと喧嘩になり、最終的に退場処分を受けた。バルサの‘14番’は、公の場で謝罪し、試合の最後の時点で自らミスを犯してしまったと認めた。

ニューヨークで9人
その一方で、スペイン代表は、ニューヨークで北アイルランドを相手に2-0で試合を制した。ビセンテ・デル・ボスケは、スタメンにバルサの選手8人ーバルデス、ピケ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、イニエスタ、チャビ、ペドロ、ビジャーを起用した。また、セスクは最後の30分間、出場した。スペインの試合コントロールは顕著であり、ソルダド (68分) とマタ  (87分)がゴールを決めた。ペドロの放ったシュートはポストに弾かれた。

上に戻る