fcb.portal.reset.password

Alexis, somrient durant la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

チリ人選手、アレクシス・サンチェスが今週の金曜日に記者会見場に現れ、来季もバルサで続投すると明言した。それはクラブと選手本人の意思だからだ。「クラブは僕に続けて欲しいし、僕はここに残留できて満足している」とアレクシスはコメントし、「もっと力を出したい。今まで証明してきたように僕は落ち着いている。でも、もっと力を出せると自分を信じている」とアレクシスは話した。また、アレクシスは決してクラブを出ていくことを考えたことはないと話し、「僕は決してあきらめない。来季はもっと活躍できることを望んでいる」と付け加えた。
もっと力を出せると期待している。僕はもっとできると自分を信じている。

攻撃ラインの競合

アレクシスは、今季、リーグ戦で27試合に出場し、今季最初の事件についてもコメントした。 「バルサでスタメンをとるのは、非常に難しいことだ。ビジャ、テジョ、ペドロなど、攻撃ラインに本当に優れた選手達がいる」と説明し、また、バルサで学んだことについても話した。 「バルサでプレーするのは、新しいサッカーをプレーしなおすようなもの。多くの新しいことを学んだ。僕自身に成績をつけることはしない。ただ、来季はもっと活躍できるように頑張りたい」 と繰り返した。

リーグをよく終える

アレクシス・サンチェスの大きな目標の一つは、残ったエスパニョール戦、マラガ戦でいい結果を残すことだ。「エスパニョールとの試合は、大切なゲームだ。バルサは常に全ての試合に勝たなければならないし、(エスパニョールは)難しいライバルになるだろう」 また、バルサで最初のリーグ優勝を制覇したことについて、「このリーグ優勝は大事だった。僕らの監督とアビダルに起きたことが、僕らの大きなモチベーションになった」と明かした。

上に戻る