fcb.portal.reset.password

Adriano, en roda de premsa aquest divendres / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

アドリアーノ は、このチャンピオンズリーグでバイエルンを相手に受けた準決勝のつらい敗戦からチームが立ち直っている最中であることを認めたうえで、「状態はずっとよくなった。僕らにとって、準決勝がこのような形に終わったのは、打撃だったが、その試合のあと、出来る限りの気力で僕らは練習している。今は、僕らにとっては決勝のベティス戦のみを考えている」と話した。 また、まだ目標が残っていると指摘し、 「今は全てが真っ暗闇に見えるかもしれないが、シーズンはまだ終わっていないんだリーグ戦を決めなければいけない」とコメントし、 「今になって、リーグは対して重要じゃないと話されているが、このリーグの対戦相手はとても厳しかったことを忘れてはならない」と付け加えた。 試合後、僕らは全ての気力を出して練習をした。今は僕らにとって決勝となるベティス戦のみを考えている

また、「ウエンブレイの決勝に行けるのはでないかと期待していたが、バイエルンの方がフィジカル面の状態がよく、はっきりとした考えを持ってきていた」と相手を認めた。

契約更新の交渉

また、アドリアーノはクラブが、契約更新のための交渉を始めていることを認めたうえで、「僕の望みはここで続けることだ。交渉は成立する寸前だ。数日以内に決まることを願っている」と話した。

また、最後にレオ・メッシについても触れ、「気力面では元気なようだ。バイエルン戦にはいることができなかったので、それが彼を悲しませたが、今は、再び、やる気に満ちて、前見たいに違和感をなくすための練習に励んでいるよ」とコメントした。

上に戻る