fcb.portal.reset.password

Abidal, contra l'Istres. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

エリック・アビダルとジョナサン・ドス・サントスは、今週の代表ウイークに参戦していない3人のうちの二人だが、その二人が、バルサユースの練習に加わり、イストレスと対戦するミニゲームに参加した。 イストレス は、フランスのリーグ・ドゥ(2部リーグ)のクラブチームだ。二人とも 練習場で、 65 分間、試合に参戦した。ピント は体をならす程度にとどめた。

  アビダルは、トップチームとの練習に通常、加わっているものの、ゲーム形式の練習を行なうのは初めてだった。 2月21日に医師からの了承を得て以来だが、腎臓移植l を受けてから、約1年が経過している。

「私達はその時期に近付いてきている」

先週の土曜日、プジョルの関節鏡検査についての記者会見を開いた中で、リカルド・プルナ医師は、アビダルの回復経過について、以下のように話した。 「この医学的な了承は、非常に大きな意味がある。というのも、クリニックで移籍を行なった医師全員からの了承及びクラブの担当医、彼のそばに付き添った人々など、全員からの了承が必要になるためだ。了承を与えるのは、簡単なことではない。特にこのような困難な病気の後では尚更だ。ここから先は、コーチスタッフに伝え、彼らがどの程度の練習をさせることができるのか、プランをたていくことができる。少しずつ、いろいろできるようになってきているのは事実だ。チームメートのレベルに少しずつ、近づいている」

「正確にいつ、復帰できるかは言うことができないが、気力的には問題ないし、復帰は間近だろう。招集リストに入るまでそんなに時間はかからないだろう。監督次第だが、時期は近い」 とプルーナ医師は説明した。

上に戻る