fcb.portal.reset.password

Abidal, Rosell i Zubizarreta, durant la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]多くの感情が記者会見場で行き来した日だった。 エリック・アビダルがFCバルセロナのユニフォームを着て6年間、クラブを守り続けた後、ユニフォームに別れを告げた。アビダルは、サンドロ・ロセル会長、アンドニ・スピサレタ強化担当と共にメディアの前に姿を現した。ジャーナリストやカメラマン、TVカメラに囲まれていたが、とりわけ、彼の‘第二の家族’、代表招集などでこの場にいない選手を除いて、チームメート全員とコーチスタッフが記者会見を行なうエリックをすぐ側で見守った。バルサと共にいた6年間は、僕の人生の中でも最も大きな経験だった。僕は素晴らしいチームメートと出会い、多くのことを学んだ

FCバルセロナは、土曜日がアビダルの最後の試合になると告げた。「私達は彼にさよならと言っているわけでも、また会おうと言っているわけでもなく、いつでも好きな時に、とのメッセージを送りたい。バルサの扉はいつでも彼のために開かれている。サッカー選手であることを辞めた後は、バルサのFCBスクール強化担当として世界レベルで、財団と共に働くための扉も容易している」とサンドロ・ロセルは説明した。

アビダルは、簡単な日になるとは思っていなかった。この記者会見を感謝の気持ちで送ろうとする彼の瞳は、会見中、ずっと一列目に座っているチームメートと共にあった。「バルサと共にいた6年間は、僕の人生の中でも最も大きな経験だった。僕は素晴らしいチームメートと出会い、多くのことを学んだ」のことばで、アビダルは始めた。「彼らと僕を信じてくれたコーチスタッフ、ドクター、フィジオセラピスト、メディナ医師が僕を助けてくれたおかげだ」と続けた。また、家族とサポーターにも感謝を伝えた。「みんなが僕のことを心配し、僕のリハビリを見守り、戻ってきた日に喜んでくれた」と話した。

「決定を受け入れる」

クラブにしても、選手にしても、バルサを出ていくという決定をするのは、簡単なことではなかった。「バルサでプレーをし続けていきたいと思い、一生懸命、ここで戦ってきた。だが、クラブの見方は異なっていたし、僕はそれを受け入れなければならない」と話したアビダルは、引退後を提案したバルサの好意を評価し、「僕は去っていくが、必ず、戻ってくるだろう」と話した。バルサでプレーをし続けていきたいと思い、一生懸命、ここで戦ってきた。だが、クラブの見方は異なっていたし、僕はそれを受け入れなければならない

アビダルは、現時点でサッカーチームからのオファーは特にないと話し、欧州でプレーし続けていきたいとの意向を示した。アビダルでの現時点での目標は、今週の土曜日の試合 (19時)であり、それが送別会になるだろう。その意味で、 ロセル会長は、土曜日にカンプノウが満場になり、ふさわしいお別れができると疑っていないとコメントした。「彼は私達のハートをつかみ、私達の人生において、大切なことがあると証明してくれた。誰もが決してもう、終わったとあきらめてはならないのだと」とロセル会長は語った。

スビサレッタも、アビダルが続けないとの決定を下すのは容易でなかったと話した。「彼に会いに病院に行った日のことを決して忘れることはないだろう。その時、彼は私に戻ってくるといった。このクラブの扉は大きく開かれている。 なんであろうと、彼が私達を助けてくれることは確かだから」と話した。ロセルは、バルサスクールの強化担当のポジションを考えていると話し、「サッカーを知っており、教育的で謙虚な性格を持っているからだ」とその理由を説明した。アビダルの契約を更新しないとの決定を下した理由については、「了承のもとにクラブがとった決断」と表現するにとどめた。

「深呼吸して、待って、焦らずに起き上がる」

記者会見中に、アビダルがクラブにいた最中の最高の瞬間を集めた映像が流れた。そこに流れた音楽は、二シーズン目のアンドレウ・リフェの'Polseres Vermelles'(黄色いブレスレット) 'Un fil de llum'(一筋の光)だったが、アビダルはそれを聞いて涙をこらえることができなかった。会見場に出席した多くも同様だった。記者会見を終えた後、アビダルはチームメートと幹部のトニ・フレイシャ、ピラル・ギノバルト、ハビエル・ボルダス、ジョルディ・モイス、ラモン・シエルト全員と抱擁をかわし、再び、涙をこらえきれずに浮かべた。

上に戻る