fcb.portal.reset.password

 

トップチームの12 人の選手が、今夜、それぞれの代表と共に重要な国際試合に参戦する。スペイン代表は、 バルデス、ピケ、アルバ、チャビ、イニエスタ、セスク、ブスケッツ、ビジャ、ペドロが、2014年ブラジルワールドカップの第六回目の予選を、エル・モリノンにて、フィンランドを相手に戦う。フィンランドは、グループIにおいて、5位を占めているが、この試合で勝利をあげることが、フランスとの対戦に向けて自信をつけることになるだろう。フランス戦は3月26日、来週の火曜日21時からパリで行われる。

アルゼンチン、チリ、カメルーンも対戦

レオ・メッシとハビエル・マスチェラーノ のアルゼンチンは、9節で勝ち点20とグループ内首位だが、ブエノスアイレスにて、グループ内4位を占めているベネズエラを相手に戦う(スペイン時間午前1時)。また、アルゼンチンは、26日(火)21時から、 予選順位7位のボリビアと再び、重要な試合を控えている。

もう一人の南米出身バルサ選手、アレクシス・サンチェス は、リマでペルーを相手に戦うチリ代表(午前3時)を引っ張っていくことになる。チリ代表はもう一試合、大きな試合を抱えている。ホームで迎えるウルグアイ戦だ(27日、水曜日00時半)。

最後にトップチームから、カメルーン代表に招集されている  アレックス・ソングは、カメルーンのヤウンデにて難しい試合を戦わなければならない。グループ内3位のカメルーンは、グループIの3節に当たる試合をグループ内4位、最下位にいるトーゴを相手に戦う(23日土曜日、15時半)。

上に戻る