fcb.portal.reset.password

Eufòria a París (2006). FOTO: ARXIU FCB.

5月17日は、バルサファンにとっては特別な日だ。 2006年のこの日、チームは二度目の欧州杯を獲得した。場所はバリであり、対戦相手はアーセナルだった。苦しさとエクスタシーの入り混じる夜だった。‘ガンナー’は、 前半、レーマンが退場させられ、数的不利な状況で戦ったにもかかわらず、試合を先制していた。後半、サント・デニスに激しい雨が降る中、バルサはエトーとベジェッティのゴールで試合をひっくり返した。 フランク・ライハールトが率いて、ロナウディーニョを中心に作られたこのチームは、このような形で、欧州を制したのだった。

5人のトリプルチャンピオン

この二回目のチャンピンズリーグ優勝は、ウェンブレイで手にした最初の欧州杯から14年間、待たなければならなかった。ローマとロンドンで手にした三度目と四度目のチャンピオンズリーグは、それに比べるとずっと早く達成できた。2009年と2011年だった。現在のチームの中には、この3つの欧州杯をに呈している選手がいる。バルデス、プジョル、イニエスタ、チャビ、メッシだ。 彼らにとっても、今日の金曜日は記念日だ。


上に戻る