fcb.portal.reset.password

Piqué, durant la final de Champions del 2009 / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ジェラルド・ピケは、今週の水曜日、パリス・サンジェルマンとの対戦で、バルサの選手としてチャンピオンズリーグ参戦50試合目を迎える。 予選リーグも試合数に含まれている。最近、5試合でスタメンをはっているバルサのセンターバックは、バルサが現在、そのポジションに多くの負傷者を抱えているため(プジョル、マスチェラーノは負傷欠場、アドリアーノは出場が微妙な状態)、再び、スタメンでプレーする確率が高い

もし、ピケが準々決勝の第二戦に出場すれば、 バルサの選手としてこの大会で50試合目を迎える7番目の選手になる。この記録を超えるのは、チャビ (134)、プジョル(119)、バルデス  (101)、イニエスタ  (86)、メッシ (77) 、アウベス (52)のみだ。

2回のタイトル制覇と準決勝

ピケとチャンピオンズリーグの間における関係は、‘3番’が2008年の夏にバルサにやってきてからというもの、非常に良好だ。というのも、バルサのセンターバックは既に二回もこのタイトルを制覇しており  (2009年にローマで、 2011年にロンドンで) 、 準決勝も二回、経験しているのだ (2010年にインテルと対戦し、2012年にはチェルシーと対戦している)。また、49試合中4ゴールをマークしている。

最初のタイトルはユナイテッドで

FC バルセロナに移籍する前、ジェラルド・ピケはマンチェスターユナイテッドでチャンピオンズデビューし、4試合に参戦している。初戦は、2004年12月8日にトルコで行われたフェネルバッチェ戦だった。ピケは、17歳の若さでデビューし、マンチェスターユナイテッドと共にチャンピオンズリーグを優勝している。

FC バルセロナ選手のチャンピオンズリーグ試合数

134 チャビ
119 プジョル
101 バルデス
86 イニエスタ
77 メッシ
52 アウベス
49 ピケ
46 ブスケッツ
42 ペドロ
37 アビダル
29 マスチェラーノ
23 ビジャ
17 アドリアーノ
15 セスク
13 アレクシス
9 ティアゴ
7 アルバ、テジョ
6 ソング
5 バルトラ
4 ピント、ドス・サントス
3 モントヤ

上に戻る