fcb.portal.reset.password

バルサファンにとってバライドスでの試合は、良い思い出を思い起こさせるものだ。バルサの選手がそこで見せたマジックは、一度ではない。ここにその5つもの好例がある。 ルーマニア人選手 ゲオルゲ・ハジ がここで決めたゴールは、間違いなく、彼のキャリアの中でもベストゴールだろう。1994/95年リーグ戦での試合であり、ピッチのセンターから放ったループシュートがゴールネット奥に突き刺さった。濃霧に覆われたピッチを超えて、ボールは吸い込まれていった。

その2年後、カタラン人選手の オスカル・ガルシア は、1996/97年のシーズンにセルタを前に、見事なレッスンをしてみせた。最初はエリア外からスーパーシュートを放ち、次はほぼ同じ位置からロナウドのセンタリングを生かして、完璧なゴールを決め、ダブルゴールをマークした。

最後に足跡を残したリバウドとグッジョンセン

ブラジル人選手リバウド は、バライドスでなぜ、彼がフリーキックのスペシャリストと言われているのかを証明してみせた。UEFA杯の試合で、彼はその黄金の左足を炸裂させ、ボールをゴールネットに押し込んだ。

最後の芸術作品を決めたのはグッジョンセン だった。2006/07年に、デコからのセンタリングを胸でコントロールすると、ソンブレロ(帽子をかぶるように、ボールを頭上を通して通過させてコントロールする)から、シュート態勢にもっていき、右足で決め、当時、ゴールを守っていたピントのネットを揺らしたのだった。


上に戻る