練習場でのレオ・メッシ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

25歳の若さで レオ・メッシ は、世界サッカーにおける記録をことごとく、玉砕してしまった。もう、打破できる記録は残っていないのではないかと思われるが、実は、まだ残っている。少なくとも、あと、4つ、残されている大きな記録がある。

バルサの最多ストライカー

メッシは、公式試合において、バルサ史上、セサル・ロドリゲスを超えて最多ストライカーだが、親善試合も含めた総数では、メッシのポジションは3位だ。メッシより、遠くを歩いているのは、パウリーノ・アルカンタラ(369ゴール)とジョセップ・サミティエル(333ゴール)の二人で、メッシ(305ゴール)の記録をずっと上回っている。

アルゼンチンの最多ストライカー

ガブリエル・バティストゥータ は、アルゼンチン代表において、その記録は際立っている。代表ユニフォームを着た1991年から2002年の間に56ゴールをマークしたのだ。 ほかにも、エルナン・クレスポ(35)やディエゴ・マラドーナ(34)といった歴史的選手が後をついている。レオ・メッシは、31ゴールをマークして、リストの4番目だが、唯一の現役選手でもある。


リーガの最多ストライカー

伝説のストライカー、テルモ・サラは251ゴールをマークした歴史的なスペインリーグ最多ストライカーだ。現時点でメッシは192ゴールをマークし、順位表では9位になる。サラ以外には、ウゴ・サンチェス (234), ラウル (228), ディ・ステファノ (227), セサル(226), キニ (219), パイーニョ (210) 、エジムンド・スアレス(195)がいる。


チャンピオンズリーグの最多ストライカー

ラウル・ゴンサレスは、71ゴールをマークしてチャンピオンズリーグでも最多ストライカーの記録を誇っている。レオ・メッシは、56ゴールをマークして、既に2位だが、ルード・フアンニステルロイとタイ記録だ。UEFAの統計は、予選で戦った分の得点数は、記録されていない。