fcb.portal.reset.password

 

アウベスとネイマール・ダ・シルバのブラジルは、コンフェデレーション杯でイタリアを4-2で制し、グループ内での首位通過を果たした。ネイマールは、この大会で3ゴール目に当たるゴールを決めてチームに貢献し、それも見事なフリーキックから決めてみせた。

アクシデントの多かった前半と見事な後半
ペンタチャンピオンのブラジルは、強気で臨んだが、あっというまに「アズーリ」はエリアから離れ、その同等の実力を見せつけた。前半はアクシデントが多く、3人もの負傷者が出た。ブラジルから一人(ダビッド・ルイス)、イタリアから二人(アバテとモントリボ)だ。そのために途中出場を果たしたダンテが、ハーフタイム近くに1-0の先制点を決めた。

二点目はもっとテンションが高く、それも価値のあるものだった。多くのチャンスを生み出した結果、そのクオリティがゴールをもたらした。ジアチェリーニがバロッテリの見事なアシストを受けて、同点弾をマークした後だった。それに対するブラジルの解答は、ネイマールとフレッドの足から生まれた。これで試合は終わったとばかりに、スコラーリはネイマールに休息を与え、スタンドはネイマールへの拍手であふれた。(68分)

  だが、その直後にチエリーニが奇妙な問題性のあるゴールを決めて、点差を縮めた。イタリアはドロー狙いに必死になったが、最終的にフレッドが決めて、ブラジルに三度目の勝利をもたらした。もう一方のグループで二位通過するチームとブラジルは準決勝で戦うことになる。

試合データ

ブラジル, 4
イタリア, 2

ブラジル: ジュリオ・セサル, アウベス、ティアゴ・シルバ、ダビッド・ルイス、マルセロ、ルイス・グスタボ、エルナンテス、オスカル、フルク、ネイマル、フレッド

イタリア: ブフォン、アバテ、ボヌッチ、シエリニ、デ・スシグリオ、アキラニ、モントリボ、カンドレバ、マルシシオ、バロテッリ

ゴール: 1-0 ダンテ (45分), 1-1 ジャケリーニ (51分), 2-1 ネイマール (55分), 3-1 フレッド (66分), 3-2 チエリーニ (70分), 4-2 フレッド (88分)

上に戻る