fcb.portal.reset.password

Les voyages de pré-saison

今年のプレシーズンも再び、バルサは世界を半周することになる。 2013/14年のスタートは、欧州3か国とアジアの国2か国にイスラエルとパレスチナで切ることになり、 21日間で30.000 キロメートルを移動することになる。

最初は7月20日にヨーロッパで、ティト・ビラノバが率いるチームは、1.876キロ移動し、デビュー戦を レヒア・グダニスクと対戦 し、ポーランドで行なう。 これは、飛行機で行ってその足で帰ってくる形となる。

  バルサの二度目の遠征は、二か所にストップする。一度目は、 ミュンヘン (1.056 キロ)と7月24日に親善試合を行なう。そのまま、 オスロ (1.320キロ) へ 向かい、27日に試合を行なう。ノルウェーの首都から、バルセロナに再び、戻ってくる (2.139 キロ)

世界の反対側

とはいえ、最も長い遠征は、8月に行なわれるアジアツアーだ。その前に、イスラエルとパレスチナ (3.119 キロ) で立ち止まる。そこで8月3日、4日にサッカークリニックが行われる。テル・アビブから、バンコク (6.901 キロ)へ移動し、8月7日にタイ代表と アジアツアー最初の試合を行なう。

最後のバルサの国際親善試合は、10日に クアラルンプールで行われる (バンコクから1.205キロ )。 その後、バルセロナに戻るが、その帰りが最も長く移動距離は、 10.589 キロだ。

上に戻る