fcb.portal.reset.password

Messi, amb la selecció argentina / FOTO: FIFA.COM

リーグ戦が終了し、20 人ものFCバルセロナの選手は再び、ピッチに立つことになる。今回は、世界のあちこちで、各代表のユニフォームを着てプレーする。

アルゼンチン - コロンビア: 6月8日(土) 00.05 時

ラダメル・ファルカオのいるコロンビア代表を前に、負傷から治ったメッシがピッチに再び、アルゼンチン代表と共に立つことになるのでは、と注目されている。ブラのス・愛レスのモヌメンタルで、2014年ブラジルワールドカップへの大きな一歩を踏み出すために戦う。アルゼンチンは、メッシマスチェラーノと共に、予選でトップであり、エクアドルから4ポイント、コロンビアから5ポイント、上位にいる。アルゼンチンが勝利を収めれば、次のワールドカップへの扉が開かれる。

パラグアイ - チリ: 6月8日(土)  02:10 時

アレクシス・サンチェスのチリ代表は、おあら具合と対戦する。勝利を挙げることで、南米グループ4位を確定でき、2014年ブラジルワールドカップに直接アクセスできるポジションにつくことができる。パラグアイは、2勝2分7敗で最下位だ。アレクシスは、バルサでシーズン終盤に素晴らしい活躍をした後に、代表戦に参戦する。

ハイチ- スペイン:  6月8日(土) 22

フロリダのロックハートスタジアムがコンフェデレーション杯に参加する前に、スペイン代表が行なう最後の親善試合になる。デル・ボスケは、バルサの選手を9人ーバルデス、ピケ、ジョルディ・アルバ、チャビ、ブスケッツ、イニエスタ、ビジャ、セスク、ペドロ- この大会に向けて招集している。ハイチがスペイン代表の対戦相手になる。コンカカフで5位であり、FIFAランキングでは51位を占めている。

ブラジル - フランス:  6月9日(日) 21

ブラジルは、コンフェデレーション杯に万全で臨むために、フランスを前に親善試合を戦う。バルサの選手、ダニ・アウベスとネイマール、今週の主役が参戦する。両者とも、スコラーリ率いるチームのために常に手強いフランスを相手にピッチに立つ。

トーゴ - カメルーン: 6月9日(日) 17.30

アレックス・ソング のカメルーン代表は、トーゴの首都、ロメまで移動し、トーゴとブラジルワールドカップ予選を戦う。カメルーンはグループIのトップであり、現在まで3試合で6ポイントを手にしている。一方のトーゴは、1ポイントしか得ておらず、三次予選にアクセスすることを夢見て、ラストチャンスに賭ける。

ドイツ - スペインU ー21:  6月9日(日) 20.30 時

最後に、スペインU-21代表は、ティアゴ、モントヤ、バルトラ、テジョ、ムニエサと共にユーロU-21の二試合目、ドイツとの対戦を迎える。ロシアを前に勝利をあげた後(1-0)、もし、ジュレン・ロペテギのチームが再び、勝利を挙げることができれば、準決勝に進む可能性をキープし、2011年にデンマークで手にしたタイトルを再び、目指せることになる。対戦相手のドイツは、グループBの別の試合でオランダを相手に黒星を喫している(3-2)。

メッシ、医師からのOK

今週の金曜日、FCバルセロナのメディカルサービスは、レオ・メッシにプレーできるとの了承を与えた。メッシは、5月12日のAマドリード戦で右足のハムストリングを痛めて以来、リハビリをしていた。その前に4月2日にも同じ個所を痛めていた。

上に戻る