fcb.portal.reset.password

Imatge del Banyoles-Barça del 1989 en què es veuen els titulars de tots dos equips / FOTO: SPORT

この5月1日、 ティト・ビラノバは、トップチームの選手としてデビューしてから、24年目を迎えた。現在、トップチームの監督であるティトは、当時、CDバニョレスの75周年を記念して行なわれた親善試合で、トップの選手としてデビューを果たした。ビラノバはハーフタイム後に出場し、親善試合はバルサが2-6で制した。

ベルナ決勝を目前に控え

その試合はカンプノウでオビエドを相手に大量得点をあげた試合(7-1)の 24時間後に行なわれた。  また、ベルナウイナーズカップを9日後に控えた時期であり、バルサは、そのウイナーズカップでも最終的にサンポドリアを相手に勝利をあげた(2-0)。ヨハン・クライフが、トップチームから90分間プレーさせたのは二人だけ(カラスコとソレール)であり、多くのバルサBの若手選手に賭けた。 また、フベニルカテゴリーにいた選手もあわせて招集し、スタメンの中には、やはり、デビューを果たした若き日のジョセップ・グアルディオラ・サラもいた。 「俺のおばあちゃんよりも、プレー速度が遅かった」と試合後、クライフは話した。グアルディオラは45分間プレーし、その後、後半、その場所をティト・ビラノバに譲った。ティトは後半をフルに出場した。この二人以外にもこの親善試合には、現在のコーチスタッフであるアウレリ・アルティミラ、ジョルディ・ロウラも参戦した。

このバニョレスとの対戦で FC バルセロナは、ホームの相手を倒すのに、殆ど苦労することはなかった。 試合のスタートからバルサの優位は際立っていた。ハーフタイムまで、特にこれといった出来事はなかったが、当時、記された記事では、クライフのチームは前半、楽々と0-3で試合を制し、ゴールはポサンコ、リンデ、カラスコが決めたと報じられている。また、クライフは9人もの選手を交代枠で使い、ウンスエ、エレラ、セルヒオ、エミリオ、ハビ、ビラノバ、ミュレル、ロウラ、アルティミラを投入した。

バルサ・アスレティックに2年いたビラノバ

バルサのカンテラでずっと育ってきたティト・ビラノバは、バルサ・アスレティックで1988年から1990まで2年間、プレーした。 バニョレスで2-6、パラモスでの2-1の試合の両方に、後半から出場した。 その後、バルセロナを去り、フィゲラスに移籍し、そこで2年間プレーした後、セルタへ移籍した。ビゴでは、27試合に出場し、1ゴールをマークし、1部で3年間プレーしていた。その後、バダホス、マジョルカ、レリダ、エルチェなどでプレーしたが、これらのチームは2部Aだった。2002年にグラマネットで引退し、現在はトップチームの監督として務めている。

上に戻る