fcb.portal.reset.password

ビラノバとアビダルの復帰 FOTO: ÀLEX CAPARRÓS-FCB.

1. 勝利のデビュー戦 (FCB 5-1 R. ソシエダ): チームはカンプノウでスタートしたリーグ戦を大量ゴールで幕開けした。先制点を決めたのは、カルラス・プジョルだった。

2. ビジャ、ゴールと再会 (FCB 5-1 R. ソシエダ): 第一節、公式戦で再びプレーしたビジャ。何か月もの負傷を経ての再登場で、ゴールを決めて勝利をもたらした。

3. アドリアーノの芸術作品  (FCB 1-0 バレンシア): バルサはバレンシアとの試合を制したが、ゴールを決めたのはアドリアーノだった。エリア外から放ったスーパーシュートがゴールに突き刺さり、チームに勝利をもたらした。

4. チャビの救世主ゴール (FCB 2-0 グラナダ): バルサの '6'番は、ようやくトニョのゴールを打ち破り、バルサを救った。ロスタイムにボルハが自殺点を入れた。

5. 奇跡的大逆転 (セビージャ 2-3 FCB): リーグ戦で最も苦労した勝利だったかもしれない。セスクの2ゴールとビジャの1ゴール(ロスタイム)が2-0だった試合をひっくり返した。

6. クラシコ (FCB 2-2 R. マドリード): バルサはセンターバックのポジションに殆ど選手が残っていない状態でこのクラシコを迎えたが、堂々と向き合った。メッシとロナウドがそれぞれ、ゴールを決めた。

7. 最もクレイジーな試合 (デポルティーボ 4-5 FCB): リーグ戦で最も多くのゴールが生まれた試合は、リアソールだった。バルサは0-3と試合を支配したが、その後、デポルティーボが点差を縮めた。メッシの‘ハットトリック’が試合の鍵になった。

8. カンテラ11人(レバンテ 0-4 FCB): 近年の歴史で初めて、チームはマシア出身者11人でプレーした。バルデス、モントヤ、ピケ、プジョル、アルバ、チャビ、ブスケッツ、セスク、ペドロ、メッシ、イニエスタがピッチに並んだ。

9. 開幕史上最高記録 (FCB 5-1 アスレティック・クラブ): アスレティックを相手に素晴らしい試合を行なったバルサだが、この試合はリーグ史上に残る記録を生み出した。開幕におけるリーグ史上最高記録、14節の時点で13勝1分けの記録を作ったのだった。

10. ミュラーを超えたメッシ (ベティス 1-2 FCB): ベニト・ビジャマリンでの2ゴールがメッシを世界的に有名なミュラーの年間ゴール記録を破らせる結果を生んだ。

11. 単独首位 (FCB 4-1 アトレディコ・デ・マドリード): バルサは、2位で次点についていたアトレティコを前に、大量ゴールを決めて、勝ち点差を9点に伸ばした。ファルカオが先制点を決めたため、その試合をひっくり返さなければならなかった。

12. 'Seny, pit y collons' (バジャドリード 1-3 FCB): ティト・ビラノバの耳下腺治療による不在の最初の試合で、ユニフォームにこれらの文字が躍った。

13. ダービー戦、28分でポーカー (FCB 4-0 エスパニョール): バルサの選手は1月6日、東方の三博士にふんし、ダービー戦の最初の30分間で4ゴールをマークした。

14.  57 点中55点 伝説になったリーグ戦前半 (マラガ 1-3 FCB): ロサレダでの見事な試合がほぼ完ぺきなリーグ戦前半を終えた。18勝1分け。

15. メッシの4ゴール (FCB 5-1 オサスナ): レオ・メッシは相変わらず、その好調ぶりを見せて、オサスナを前に4ゴールを決めて快適な勝利をもたらした。

16. リーグ戦初KO  (R. ソシエダ 3-2 FCB):  20節、リーグ戦後半の最初の試合で、バルサは大会初の敗戦を喫した。レアルソシエダが0-2からスコアをひっくり返した。

17. お昼のエキシビジョン (FCB 6-1 ヘタフェ): バルサは日曜日の正午に初めて試合を行なったが、ヘタフェとの対戦は非常に良好な結果を生みだした。

18. 地球外生命体並のメッシ、 半周連続ゴール達成 (セルタ 2-2 FCB): バライドスで、レオ・メッシはリーグ戦に参戦する全チームを相手にゴールを決める偉業を達成した。

19. ティトがカンプノウにカムバック  (FCB 5-0 マジョルカ): ティト・ビラノバは、ニューヨークで数週間の治療を受けた後、再び、リーグ戦で試合を率いた。

20. アビダルの復帰 (FCB 5-0 マジョルカ): 肝臓移植を行なった1年2か月後、アビダルは奇跡を起こした。ピケと交代し、カンプノウに再び、立ったとのだった。

21. サン・マメスでのメッシの活躍  (アスレティック・クラブ 2-2 FCB): バルサは、ほろ苦いドローを喫し、カテドラルと惜別した。 メッシはピッチに立つやいなや、すぐにゴールを決めた。

22. チャンピオンの逆転劇 (FCB 4-2 ベティス): バルサは、34節に勝利をあげて、リーグ優勝を目前にした。ヨーロッパでのつらい敗退を超え、メリットある試合を行なったベティスを制しての勝利だった。

上に戻る