fcb.portal.reset.password

バジャドリード戦でのメッシとテジョ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ホセ・ソリージャ (1-3) でのバルサの勝利によって、生まれた統計は以下の通り。

- バルサのリーガ開幕は、驚異的なものになった: 手にできる可能性があった51点のうち、勝ち点49を達成。16勝1分、1試合平均3,35ゴールをマーク。

- まだ、リーガの前半折り返しまで、試合を残しているものの、バルサは栄えある19回目の冬のチャンピオンに既に決定。過去に18回、冬のチャンピオンになり、そのうち、リーグ優勝を制覇したのは11回。

- FCバルセロナは、記録尽くしの2012年を終えた。リーグ戦で最も多くの勝利を手にしたクラブチーム(49試合)であり、最多ゴールをマーク(175ゴール)したチームとなった。

- メッシは、91ゴールをマークし、年間最多得点の記録を残した。 その前のミュラーの記録は85ゴールだった。メッシはバルサで79ゴールを決め、代表では12ゴールをマークしている。

- 今季、17節中、26ゴールを決めていたバルサの10番は、今回、初めて1ゴールをマークするに終わった。

- メッシは、7試合連続でゴールをマークしていた。昨年、8試合連続でゴールを決めたのが、個人記録。

- 5ゴール目をマークして、チャビイはチーム内の最多得点リストから5番目になった。チャイの前にいるのは、メッシ、ビジャ、アドリアーノ、セスク。セスクは、バジャドリード戦で三番目のゴールを決めた。

- ジョルディ・ロウラが率いたチームのボールポセッションは66%、バジャドリードのゴールに11回シュートし、そのうち、5回はゴール枠を捉えた。また、ペドロとメッシは二回、ポストにシュートを当てた。


上に戻る