fcb.portal.reset.password

バロンドール / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナは、今年もまた、FIFA バロンドール 2012の受賞者を揃え、月曜日の午後にチューリッヒで、レオ・メッシとアンドレス・イニエスタをメインの主役として迎える。二人とも、クリスチャン・ロナウドと並んで、バロンドールのファイナリストだ。

ロセル会長を筆頭に

アスルグラナファミリーは、サンドロ・ロセル会長を筆頭に、プラット空港を11時に出発するプライベートジェットでスイスまで旅立つ。このプライベートジェットには、バロンドールのファイナリストの他、 FIFA FIFPro 2012のベストイレブンにノミネートされている選手の家族やスポーツ副会長、ジョセップ・マリア・バルトメウ、幹部のジョルディ・メストレ、マネル・アロヨ、強化担当ディレクターのアンドニ・スビサレッタなどが付き添う。

記者会見

チューリッヒに飛行機が到着するのは、12時45分ごろを予定しているが、その後、選手らはチューリッヒ会場近くのホテルに移動し、15時頃にバロンドールファイナリストの選手達は、同じホテルにて記者会見を行なう。引き続き、授賞式の準備に入り、式典は19時からスタートする。その前にノミネートされている選手らは、恒例となっているレッドカーペットに姿を現し、FIFAの会長であるジョセフ・ブラッターが彼らを迎え入れる。

20時前に受賞者発表

午後8時前に、2012年のバロンドールを誰が受賞することになるかがわかる。バロンドール受賞の発表は、全ての賞において最後の発表になる。その他に昨季の最優秀監督の発表もあり、ペップ・グアルディオラがその一人としてノミネートされている。また、FIFAのベストイレブンとしてノミネートされている選手には、メッシ、イニエスタ、チャビイ、ピケ、アウベス、ジョルディ・アルバ、マスチェラーノ、プジョル、セスク、セルヒオ・ブスケッツが いる。

一度、イベントが終了した後は、主役の選手らはバルセロナに戻る前に、メディアに対応する。

上に戻る