fcb.portal.reset.password

バジャドリード戦で、一丸となって勝利を祝う FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

2012年、バルサは前半は国王杯で 2011/12年シーズンのバルサの実力を十分に見せつけ、2012/13年の開幕からは、驚異的な数字を打ち出して、今年を終えた。 バルサは戦った63公式試合中49試合で勝利 (78%), 9 分(14%) 、 5敗 (8%). ゴール数は 175 (試合ごとに2,7ゴール) 、失点は61 (試合ごとに0,95)。 年間で49勝175ゴールは、1部での年間記録に相当する

2012年の最多ストライカーは、レオ・メッシ。 メッシは世界年間記録を打ち破った。バルサと決めたゴールが79、アルゼンチン代表で12ゴールをマーク。ほかのバルサの選手のゴール総数は以下の通り。: チャビイ (11)、ファブレガス (11)、アレクシス (10)、ペドロ (9)、テジョ  (9)、ビジャ (8)、イニエスタ  (7)、アドリアーノ  (6)、プジョル (5 )、ブスケッツ  (3)、アウベス (3)、アルバ (3)、ケイタ (3)、ピケ(2)、アビダル (1)、ティアゴ (1)、アビダル (1)、ソング (1)、セルジ・ロベルト ( 1)  オウンゴール (1).

ビラノバの輝いた手腕

2012年の後半ー8月から12月ーは、チームはティト・ビラノバによって率いられることになった。この間のバルサは公式試合28試合中、24勝2分2敗の成績を達成した。言い換えれば、勝利は86% になる。17節で16勝1分けとリーグ史上、最高の開幕記録を生み出した。

その数字は、80 ゴール(試合ごとに2,85)  29失点 (試合ごとに1,03)。最多ストライカーはメッシ (35)、 ビジャ (8)、ファブレガス (7)、アドリアーノ (6).

グアルディオラと共に順調なスタート

チームは年初のダイナミズムをキープしている。1月から5月まで、ペップ・グアルディオラが率いていたバルサも、素晴らしい数字を残している。最終的に国王杯しか制覇できなかったというものの、残した数字は、25 勝7分3敗、ゴール数95、 失点数32と、非常に優れたものだった。メッシ (44)、アレクシス (8)、ペドロ (7) が最多ストライカーベスト3だった。


上に戻る