fcb.portal.reset.password

Messi celebra un gol amb l'Argentina / FOTO: FIFA.COM

バルサの選手の活躍は、国際舞台にも広がっている。欧州リーグが止まる今週は国際代表戦が行われ、バルサのトップチームからは18人の選手が各代表に招集された。スペインには、バルサからバルデス、ピケ、アルバ、チャビ、イニエスタ、セルヒオ、セスク、ビジャ、ペドロが招集され、2014年ブラジルワールドカップ予選を戦う。ビセンテ・デル・ボスケの率いるチームは、 ヒホンで22日(金)にフィンランドと対戦し、その4日後の26日(火)、パリにてフランスとの魅力的な対戦を行なう(21時)

またスペインU-21代表にも、バルサからは7人の選手が排出されている。トップチームから4人  (テジョ、バルトラ、モントヤ、ティアゴ) とバルサBから3人 (ムニエサ、デロフェウ、プラナス)だ。 ノルウェー(トレド)、ロシア(アルコルコン)代表とそれぞれ、親善試合を行なう。ノルウェー戦は21日(木)20時半から、ロシア船は25日(月)同時間に行なわれる。

アルゼンチン、チリ、カメルーン、重要な試合

レオ・メッシとハビエル・マスチェラーノのアルゼンチン代表は、ワールドカップ予選に向けて大戦を控えている。 試合はブエノスアイレス(23日土曜日 1時)とラ・パス(26日火曜日21時)で行われる。現在、サベージャの率いるチームは、9試合で20ポイントをあげており、4位のベネズエラと9位のボリビアでの対戦を控えている。これらの試合で6ポイントをあげることがアルゼンチン代表が予選を通過するのに、必須となる。

また、南アメリカでも、アレクシス・サンチェスはチリ代表との重要な2戦を抱えている。ワールドカップの切符を手にするための試合は、リマでのペルーとの第一戦(23日土曜日3時)、第二戦がホームのサンティアゴ・デ・チレで戦うウルグアイ戦(27日水曜日0時半)だ。

最後に, アレックス・ソングもカメルーン代表と困難で重要性のあるトーゴ戦(23日土曜日15時半) を戦うことになる。これは、グループJでの第三節にあたり、カメルーンは現在、リビア代表が首位のグループで3位に位置している。

ブラジルは親善試合2試合

ダニ・アウベスは、ブラジル代表戦で親善試合2試合を行なう。場所はジュネーブとロンドンになる。対戦相手はイタリア(21日木曜日21時)とロシア(25日月曜日19時半)だ。日曜日にラヨ戦で負傷したアドリアーノ・コレイアは参戦しない。アドリアーノは4週間から6週間、完治にかかるとみられている。

上に戻る