fcb.portal.reset.password

Abidal, amb Messi, un cop acabada la roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

エリック・アビダルは、今週の木曜日午前中にFCバルセロナに別れを告げた。感情にあふれる記者会見で、チームメート、スタッフ、サポーターに今まで支えてくれたことに対し、感謝を述べた。その記者会見を本人のことばで再現する。

1) 「今日は僕にとって、少し、複雑な日だ。僕はバルサで6年間、プレーしてきた。素晴らしいチームメート、世界最高峰の彼らと出会う幸運を手にして、彼らから多くのことを学んだ」

2) 「選手と監督、ドクター、フィジオセラピストのみんながこの難しい時期に僕を助けてくれた。メディナ医師は数年にわたって僕を助けてくれた。僕の家族にも感謝したい」

3) 「病気になった時、目標が二つあった。一つは家族のために戦い、娘の成長を見ることができること。二つ目は、再びプレーすること。こおkでプレーし続けることができればと思ったが、クラブの見方は違ったので、その決定を尊重する」

4) 「僕は去るが、必ず、戻ってくるだろう。なぜなら、クラブは僕にとても興味深い提案をしてくれたからだ。考えなければならないが、その好意に感謝する」"

5)「僕を支えてくれ、僕がプレーできない時にずっと見守ってくれたサポーターに感謝したい。常に彼らは僕と共にいるだろう」

僕は戦った。これは僕にとってのチャンピオンだった。グループの勝利だった。なぜなら、チームメートも僕を助けて力づけてくれたからだ。みんなのおかげで、僕はただ戦うだけじゃなく、戻ってくることができた

6) 「僕の将来?今のところ、バルサと契約を終えなければならない。オファーはないし、考える時間はある。今、最も大事なのは、最後の試合だ」

7) 「サッカーをやめて、人生を変えるのは難しい」

8) 「サッカーを続けていきたい。なぜなら、僕の健康がそれを許してくれるからだ。もし、医師が僕の命にかかわるからといったら、辞めるだろうが、今のところ、そういうケースではない」

9) 「僕は戦った。これは僕にとってのチャンピオンだった。グループの勝利だった。なぜなら、チームメートも僕を助けて力づけてくれたからだ。みんなのおかげで、僕はただ戦うだけじゃなく、戻ってくることができた」

10) 「クラブでプレーした最初の試合、医師が僕の腫瘍を見つけた日、カンプノウに戻ってこれた時、チームキャプテンがウェンブレイで僕に見せてくれた好意、そして今日の日のことを僕は決して忘れないだろう」

上に戻る