fcb.portal.reset.password

フィンランド戦でのビジャ / FOTO: FIFA.COM

 FC バルセロナから、代表選手は10人選出されているが、2014年ワールドカップ予選に向けて、火曜日にスペイン代表が第二戦目を行なう。 この重要度の高い試合には、バルサの選手が8人含まれているが、それはスペイン代表がアウェーのフランスで、フランス代表と首位を争うというものだ。メッシとマスチェラーノが参戦するラ・パス(ボリビア)での試合は、そこまでの重要性はないが、南米グループでの首位のポジションをより、強固なものにするために戦う。

アルバは欠場、チャビは微妙

スペイン代表に招集された8人のバルサの選手は、8日間のうち、二回、パリで決勝に近い試合を迎えることになる(1週間以内にバルサはチャンピオンズリーグの試合のためにPSGのスタジアムを訪ねるからだ)。負傷したジョルディ・アルバを累積警告のシルバを欠いたビセンテ・デル・ボスケ率いるスペイン代表は、もし、グループ内首位の座を確定したいなら、勝たなければならない。金曜日にそのチャンスをフィンランドを前に、ドローの形で逃してしまったからだ(1-1)。 最大の疑問符は、右足のハムストリングを傷めたチャビが出場できるかどうかだ。また、ペドロがスタメンの新しい顔ぶれとして起用される可能性もある。

ボリビアで残された課題

メッシとマスチェラーノは、金曜日にベネズエラを制した (3-0)後、次はボリビアと戦う。ラ・パスで、3650メートルの標高にあるいい思い出をアルゼンチン代表には与えないスタジアムでの試合だ。4年前、マラドーナの率いるアルゼンチン代表が、そのスタジアムで6-1で負けたのだ。ここ最近の二試合も、アルゼンチンは勝利を挙げられていない(最近の二回とも、1-1に終わっている)。何がおきても23点を手にしている、 メッシとマスチェラーノaの代表に関しては、結果はともあれ、グループ内首位として試合後は、安らかにいられる状態が整っている。

一方、アレクシス・サンチェスは、累積警告のため、欠場する。ペルー戦 (1-0)で試合の終盤にイエローカードを受けて、累積欠場となった。チリは、火曜日にサンティアゴでウルグアイ代表と対戦する。

上に戻る