fcb.portal.reset.password

Xavi i Tello, celebrant l'1-2 contra el PSG. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

チャビ・エルナンデス

「すごくいい内容の前半をプレーして、後半も耐えて、それで最後の瞬間にゴールをされるのは、悔しいよ。もしも、試合が1-2で終わっていれば、それは公平な結果だったと思う」

「この試合での一番のネガティブな面は、メッシとマスチェラーノの負傷だ。二人は、大事なパーツなのだから」

「ディフェンスに関しては僕らは、アンラッキーが続いている。プジョルとアドリアーノが怪我しているのに、続いてこれだ」

「2-2はいい結果だ。あと、ホームでサポーターの前で戦う90分間が残っている。ミラン戦の時、彼らはその力を見せてくれた」

「僕らはいい試合をして、いい内容のプレーができたという感触を手にしている。後は、ホームで勝つしかない」

ダニ・アウベス

「最後まで強い集中力で気を抜いてはならない。彼らが生み出したチャンスは身に舞うだったが、それでもゴールを決めるわずかな運を逃さなかった。試合は第二レグで決まることはわかっていた。僕らが通過する可能性はある」


「二人の欠場は大きいが、それを乗り越える力を僕らは出さなければならない」

セルヒオ・ブスケッツ

「ジャッジは、試合がドローになるまで落ち着かなかった。イブラのゴールを線審が見てなかったのはありえない。はっきりしたオフサイドだった。僕らにはあらゆることでカードを提示して、多くのファウルを吹いたけれど、僕らは今となってはどうすることもできない。メッシとマスチェラーノを失ったのが、何より大きい。ホームでは絶対、勝たなければならない」

アンドレス・イニエスタ

「僕らは、映像をみたよ。その後で、冷静に状況を考えると、本当に(結果は)残念だった」

「ああいったアクションは、見ていると簡単にみえるが、彼らも人間だし、間違えるんだ。彼ら(ジャッジ)の話をするか、チームがどれだけのことをしていい試合をしたかを話すか、両方とも可能だ。僕らは二人の偉大な選手を失ってしまった」

「試合が、第二戦で決まることはわかっていた。ミランとの対戦は、僕らがどういった方向でやっていかなければならないのかを導いてくれた」

 

上に戻る