fcb.portal.reset.password

640x360_Especial Campions Mundial de Clubs Japó 2011

ウエンブレイで決めたロナウド・クーマンの伝説となったゴールのおかげで、1992/92年に初めて欧州大会を制覇したFCバルセロナは、当時、インターコンチネンタル杯と呼ばれていた日本で東京で行われる大会で、対戦することになった。当時のインターコンチネンタル杯は、ヨーロッパチャンピオンと南アメリカのチャンピオンが戦うものだったので、バルサはサン・パウロのチームと決勝で直接対決した。試合のスターは、亡くなったばかりのブラジル人選手、ソクラテスの弟、ライだった。ストイチコフの決めた先制点とライが決めた2ゴールが優勝へ導いた。

現在のチャンピオンズリーグの形態になってから、FCバルセロナは、2006年パリの決勝で、アーセナルを前に2-1で勝利を手にした。バルサは、クラブワールドカップと改めて命名された大会にも参戦した。このクラブワールドカップは、欧州チャンピオン及び、中南米チャンピオンだけでなく、アフリカ、オセアニア、北アメリカ、アジアを含む世界中の代表が集まり、国レベルのチャンピオンズリーグを目指すようなものとなった。FCバルセロナは、準決勝から参戦し、4-0でアメリカ・メキシコを制したが、決勝でポルト・アレグレに1-0で負けた。

アブ・ダビでのタイトル

バルサは、2年前にアブ・ダビで、アルゼンチンのエストゥディアンテスを1-2で制し、初のクラブワールドカップを手にした。ペドロが89分に同点弾を決め、メッシがロスタイムにハートで勝ち越し弾をマークした

日本では、今まで結果を出せずに来たが、そのジンクスを打ち破る時がきた。バルサが、三度目の正直を目指し、本気で優勝を狙う。

上に戻る