fcb.portal.reset.password

後半ゴールを決めたアダマ / APAMANSHOP

L'estadi Level 5 de Fukuoka estava ple davant la visita del filial blaugrana / APAMANSHOP

バルサBの選手は、今季、最後の試合を日本で行なった。アビスパ福岡を相手にトレーニングマッチを行ない、ビニャルスの率いるチームは、サンドロのダブルゴールを始め、ドンゴウ、アダマ、ムニールがゴールを決めて、大差をつけて試合を収める結果となった。 (0-5) 多くの観客が試合を見に訪れ、メディアにもとりあげられ、試合は成功を収めた。バルサBは、木曜日、 福岡のFCBEscola(FCBスクール)でサッカークリニックを行ない、金曜日に帰国する。 

試合の蓋をあけたサンドロとドンゴウ

試合前、サポーターはモザイクを作り、歓迎を示した。また、スタジアムには、チケット完売の札が掲げられた。試合は、両者に開かれたものだったが、サンドロが試合の蓋を開けた。バルサBがその優勢ぶりを見せつけ、サンドロを通して敵地ゴールに近付いた。守備的にはスアレスがカウンターで攻めてくる日本のチームを御した。試合が30分経つ前にサンドロ自身がボールを前線まで持って行き、センタリングをあげ、ドンゴウがそれを押し込んだ。それが先制点となった。そのサンドロ自身がムニルのアシストから、2点目を決め、2点リードして、ハーフタイムを折り返した。

アダマ、サンドロ、ムニルがゴールフェスティバル

 後半、ビニャルスは、ベンチにいた残りの選手を全員、投入した。57分、サンドロが3点目をその2分後、アダマが追加点をマークした。ディフェンスの隙をついて4点目を決めた。試合終了間際にムニルが明確なシュートチャンスを手にし、それを無駄にすることなく、得点した。アダマのアシストだった。試合の最後に勝者としてのプレミアムをサンペルが受け取り、サンドロが試合のMVPに選ばれた。 

上に戻る