fcb.portal.reset.password

カンプノウは、ウェンブリー92'の英雄を迎え、その栄光を再び、讃えた。今年は、バルサが欧州杯をウェンブリーで持ち上げてから25年目となる。それを記念して、カンプノウは、土曜日の正午から、ファンゾーンを設けて、様々なイベントを行なった。そして、最後に夜10時から、7人制サッカーを行なった。ベンフィカのベテランチームを前にドリームチームが再び、集結し、スピーカーが一人一人、名前を呼びあげ、スタジアムの拍手で迎えられた。.

巨大なビッグスクリーンが、スタンドに設置され、そこには、当時、チームを率いていた監督、ヨハン・クライフの姿が浮かび上がった。また、この日、亡くなったスピーカーのマネル・ビックへの追悼も行われた。7人制サッカーの試合が行われる前にFCBスクールの子供達がスタジアムの中心で、様々なロンド(ボール回し)を披露し、マシアとFCバルセロナの価値観を改めて体現した。

このサッカーの祭典は、最後に再び、欧州チャンピオンズリーグの優勝杯をチーム全員が持ち上げて終わった。ドリームチームは、再び、バルセロニズムの胸を熱くした。クラブの歴史を変えた唯一無二の歴史的チームの姿がそこにあった。

この歴史的なサッカーの祭典をどうぞ、ビデオでお楽しみください。


上に戻る