fcb.portal.reset.password

1997年5月14日のことだった。バルサPSGを前にロッテルダムのデ・カイプスタジアムにて、欧州カップウイナーズカップの決勝を戦った。 バルサは、当時、レアルマドリードとのクラシコロナウドのゴールで勝ち、1-0で試合を制して、この試合に臨んだのだった。

両者の試合は、バルサが試合を支配しており、ロナウドが前半37分に決めたPKで決まった。PSGの ヌゴッティがエリア内で犯したファウルが、この45回目の歴史を持つ大会でのロナウドの5得点目となり、ロナウドは、この年、 47ゴールを決める信じられないシーズンを過ごしたのだった。

バルサは、フィーゴが二度、ポストにあて、リードするチャンスを得て、一方、PSGは、ロコが後半、ポストに当てたが、最終的にカップウイナーズカップの優勝カップは、この年、初めてベンチに座ったボビー・ロブソンの率いるFCバルセロナの手に渡った。このイギリス人監督、ロブソンにとっては、アトレティコを前にスペインスーパー杯を制覇した後の二冠目だった。この年、チームはさらに、ベティスを前に国王杯も制覇してシーズンを終えた。

上に戻る